Jメールで詐欺被害やトラブルに遭わない方法!手口の種類と対処法

Jメール 詐欺 出会い系攻略

(※本ページはプロモーションが含まれています)

【Jメール 詐欺】Jメールなどの出会い系サイトでの詐欺の手口は?

キャッシュバッカー詐欺

「Jメール」や他の出会い系アプリには、女性会員を増やすために、受信したメールの数や回数に応じてポイントバックのシステムがあります。

この制度を利用し不正行為をする女性のことを「キャッシュバッカー」と呼びます。彼女たちはポイントを多く受け取るために、男性会員と多くのメッセージのやり取りを行い、相手を引き込みます。

しかし、「キャッシュバッカー」たちは単にポイントを集めることが目的であり、本当に会う気はありません。

メッセージのやり取りの中で、「今度会いたい」といった甘い言葉を投げかけても、具体的な日時を決めずに、話が長引くだけです。

この結果、男性会員は無駄にポイントを消費してしまう被害が出ることがあります。

「個人情報搾取」詐欺

個人情報搾取詐欺とは、悪質な手段を用いて利用者から個人情報を盗む行為のことです。

この詐欺は、アプリ上で他の利用者と交流をしているフリをして、情報を抜き取ろうとするもので、その目的はしばしば、架空請求やサイトへの勧誘に利用されます。

詐欺師たちは、やり取りが多くなることを避けるため、最初のメッセージのやり取りの段階ですぐに相手のメールアドレスやLINE IDなどの情報を取ろうとします。

このような人たちには十分に警戒する必要があります。

また、相手の身元を把握する前に、自分の個人情報を教えることは控えるべきです。

支援・応援詐欺

「奨学金を返したい」「夢を叶えるためにお金が必要だ」といった巧みな言葉によって、次第に要求がエスカレートしていき、最終的には大金をだまし取られるという詐欺が存在しています。

実際には、だまし取られたお金が全く別の目的に使われている場合もあるため、注意が必要です。

過去には、数千万円もの現金をだまし取られた男性もおり、詐欺容疑者が逮捕された事例も報告されています。

援助交際デリバリー詐欺

援助交際の一種である「援デリ」は、違法なものです。

「援デリ」グループは、出会った女性と身体の関係を持った後、法外な料金を要求して詐欺を働くことが多いです。

アプリ内でデートの約束をすると、女性が実際に待ち合わせ場所に現れるため、騙されていると気づくのが難しくなります。

また、身体の関係を持って金銭を支払ってしまった場合、加害者の立場になる可能性があるため、注意が必要です。

投資セミナー勧誘詐欺

投資詐欺の手口は、待ち合わせ場所で見知らぬ人から勧誘され、投資セミナーなどに誘導され、最終的には投資詐欺に巻き込まれるというものです。

最近では、仮想通貨の運用を誘う方法が一般的になってきており、巧妙化が進んでいます。

例えば、女性からの待ち合わせの約束があり、実際には別の男性から勧誘を受けるケースもあります。

被害に遭わないためには、不審な勧誘には注意し、投資には慎重に取り組むことが大切です。

また、投資詐欺に遭った場合は、すぐに警察に通報することが望ましいです。

美人局(ハニートラップ)などの誘惑詐欺

美人局とは、男性の弱みを握ったり、身体の関係をもつ前後に金品を脅し取ろうとする悪質な存在です。

彼女たちは、男性が気づかないうちに近づき、楽しい時間を過ごさせてくれるかのように接しています。

しかし、男性が油断した瞬間に、美人局の被害に遭ってしまいます。

典型的な手口は、美人局と一緒にいる男性に、仲間の男性を連れてきて「人の女に手を出した」と言いがかりをつけ、脅すというものです。

その他にも、妊娠を偽り、中絶費用や慰謝料を要求する場合や、浮気や不倫をいいがかりとして男性を脅迫する場合など、手口は多岐にわたります。

美人局は、「ハニートラップ」と呼ばれることもあり、主に男性がその被害を受けています。

「交通費要求」詐欺

約束した場所に到着すると、女性から「交通費を要求される」という詐欺が行われることがあります。

この手口は、実際には、数百円程度の電車賃であるにもかかわらず、タクシーを利用したと偽って高額な請求をするのが目的です。

ロマンス詐欺

ロマンス詐欺は、

偽の海外在住者を装って、SNSやメッセージアプリなどを通じて接触し、お金を支払うように求めたり、投資詐欺を行う手口のことを指します。

インターネット上で疑似的な恋愛関係を築き上げた上で、お金を要求されるケースが多くみられます。

不快な反応を示すと、別れ話をふりかざされ、それが嫌で、お金を支払ってしまったことがあると報告されています。

なりすまし詐欺

プロフィール詐欺とは、自分のプロフィール写真や経歴に虚偽の情報を書き込んで相手をだまそうとする悪質な行為のことです。

例えば、魅力的な男女の写真を使って相手を誘い込み、高額な料金を請求する詐欺や、別のサイトに誘導してお金を請求する詐欺などがあります。

また、学歴や職歴、年収などに嘘をついているケースもあります。

これらは、相手を信じ込ませてお金を請求するための手法であるため、詐欺行為として重大な問題です。

このような事態を避けるためには、相手のプロフィールがあまりにも魅力的すぎると感じた場合には、一度冷静になってプロフィール詐欺ではないか疑うことが大切です。

また、相手との関係が進展する前には、相手のプロフィール情報をよく確認し、食い違いがないかを確認することも重要です。

「会う会う」詐欺

メッセージをやり取りしていて、デートを申し込むと「OK!」と言ったり、逆に、女性の方から「会いたい」と言ってくることがあります。

しかし、具体的に約束をしてもらえなかったりするのは、キャッシュバッカーの手口として有名です。

また、冷やかし目的で会いたいという詐欺にもあります。

具体的な提案を行っても、約束に持ち込めず、メッセージのやり取りが続いている場合は、一度こちらの方から疑ってみることも必要です。

Jメールで詐欺を防ぐ4つの対策!

モデルのようなプロフ写真の女性は避ける

モデルのようなプロフィール写真の女性や、美人に加工された写真を使用している女性は、できるだけ避けるべきです。

詐欺師にとって、美しさを誇示することは、注目を集め、多くの男性を魅了するための手段であり、自分たちの詐欺行為が露見しにくくなるためです。

実際に、『Jメール』を利用する人々の中には、別人になりすまし、虚偽の情報を使用して詐欺行為を行う人々がいます。

そのため、あくまでも信頼性の高い情報を元に、安全かつ健全な出会いを目指すことが重要です。

アダルト掲示板に投稿している女性は避ける

Jメールでは、アダルトな書き込みや過激な画像などが投稿できるため、悪意のある利用者たちはアダルト掲示板を中心に集まっています。

しかし、「ピュア掲示板」や「誘い飯掲示板」などではアダルトな投稿が厳禁されているため、こうした掲示板には業者たちもほとんど現れません。

したがって、「Jメール」を利用する場合には、アダルト掲示板に投稿している女性たちは避けた方が良いでしょう。

そうすることで、より真剣な出会いを求める方々と出会える可能性が高くなります。

Jメール以外の外部サイトを紹介されたら無視!

「他のサイトでやりとりしたい」という提案があった場合でも、断って無視することが大切です。

実際に他のサイトに移動してメールのやりとりをすると、法外な利用料金を請求されるリスクがあります。

また、フィッシングサイトのURLを貼り付けてくる悪意のある業者も存在するため、見慣れないリンクをクリックしないように注意しなければいけません。

ファーストメールでアドレスを聞いてくる相手は無視!

最初のメールでSNSやメールアドレスの情報を教えて欲しいと求められる場合、注意が必要です。

相手が自分自身について十分知らない場合、急に会うことは避けるべきです。

なぜなら、そのような人は、詐欺行為をする目的で近づいている可能性があるからです。

つまり、本当に会いたいと思っているわけではなく、何か不正なことを企んでいる可能性があるのです。

Jメールで出会った女性から詐欺に遭わないために対処法

個人情報は話さない!

対面の人には、名刺を渡すような行為は、非常に危険です。

特に、相手に「名刺が欲しい」とか、「本名は何?」とか、「お住まいはどこですか?」といった要求や質問があった場合には、要注意です。

それは、相手が貴方の個人情報を収集して、詐欺や脅迫の材料にしようとしている可能性があります。

したがって、頭から信用しないように、警戒するようにしましょう。

積極的な女性は警戒する

「ホテルに行こう」とか「家に遊びに行きたい」といった積極的な誘い方をされた場合は、注意が必要です。

なぜなら、そのような誘い方をする女性には、悪意を持っている人も存在するためです。

不特定多数の男性を待ち伏せするなど危険な行為に及ぶ女性もいるため、ホテルへ向かうと、見知らぬ男性が待ち構えていることもありますし、自宅などの情報を収集するためにあなたの居住地を特定してくる女性もいるかもしれません。

したがって、相手の意図や目的をよく理解してから、貴重な情報を提供したり、身を置く場所を決めるようにしましょう。

 

「最初だけ〇万円」という言葉は業者確定!

今回だけ」「最初だけ」といった言葉は、悪質な詐欺師がよく使用する表現です。

例を出すと、「最初だけ3万円」と言った場合、実際には「初めて会って肉体関係を持つときだけ3万円欲しい」という意味になります。

さらに、「2回目会った時に1.5万円返します」「3回目に1.5万円返します。最低、3回は会いたいのでお願いします」といった巧妙な言葉を使い、お金を要求することが多いです。

ですが、実際に彼らの要求に従ってお金を支払ってしまうと、連絡先をブロックされ、お金を騙し取られたまま再度彼らに会うことは不可能になってしまいます。

待ち合わせ時間より早く着いておく

実際にデートする段取りを決めても、相手が本当に素人かどうか自信が持てない場合は、相手より早く待ち合わせ場所に到着するのが良いでしょう。

というのも、援助交際やマルチ商法を勧めようとしている人たちが現れることがあるからです。

Jメールでやりとりしていた相手とは異なる人物が現れることも少なくありません。

そこで、少し離れた場所から待ち合わせ場所をチェックして、Jメールで確認したプロフィール写真の人物とは全く異なる人物が現れた場合は、その時点で約束をキャンセルして自宅に帰ることもできます。

宗教やネットワークビジネスの話題に乗らない

待ち合わせ場所に出かけて、喫茶店やレストランに場所を移すと、そこで宗教やネットワークビジネスの勧誘を受けることがあります。

待ち合わせをしていた女性が自ら勧誘してくる場合もあれば、見知らぬ男性が同席してきて、勧誘をする場合もあります。

このような場合は、注意が必要です。特に、自分の個人情報を明かさないように、用心してください。

また、必ず儲かるといったセールストークをしますが、そのようなおいしい話には乗らないようにしましょう。

嘘をついて勧誘している人物は信頼できないため、関わることは避けるべきです。初対面である場合は、特に警戒心を持ち、相手の言葉や行動に注意を払いましょう。

最後に、もし何か問題があった場合は、すぐに逃げ出せるように、初回のデートは公共の場所やオープンな場所で行うことをお勧めします。

身の安全を考えると、周りに人がいて、場所が明るい方が安心です。勧誘に巻き込まれることを避け、安心してデートを楽しんでください。

女性が指定する飲食店へは行かない

女性がデートの場所を指定するときには、注意が必要です。

例えば「評判のお店に行きたい」と言っている場合は問題ありませんが、不審な場所には行かないようにしましょう。

もし、女性に連れられてぼったくりバーなどに行かされた場合、数百万円の支払いを求められることもあります。

また、女性がスマホを頻繁に見ている場合も、詐欺行為に巻き込まれている可能性があるため、注意が必要です。

女性が何を考えているのか、どこに行くのかという点は、仲間と共有しておくと安心です。

詐欺被害に遭わないよう、注意深くデートを楽しんでください。

必要以上に現金を持って行かない

美人局などの犯罪は、常に強硬的な手段を用いて、恐喝や強盗を行う危険な犯罪行為です。

もし被害に遭ってしまった場合でも、被害を最小限に抑えるために、事前に対処策を考えておくことが必要です。

デートや外出時には、多額の現金やブランド品、高級時計などは持ち歩かないようにしましょう。

このような犯罪の被害に遭わないためには、警戒心を持って行動し、犯罪の心理や手口についても常に注意を払うことが大切です。

安全を最優先にすることで、このような犯罪に巻き込まれることを避けられます。

Jメールで詐欺に遭ったときの相談窓口はどこ?

Jメールの運営サポートセンター

まず最初に、Jメールの運営者に対して、犯罪行為を行っていた人物のID情報などを提供することが大切です。

情報が提供され次第、Jメール側は事実確認を行い対策を取ることができます。

例えば、会員資格の取り消しやその他の対策が考えられます。
また、詐欺師とのやり取りがあった場合、スクリーンショットを取っておくことも大切です。

この証拠は、警察や弁護士に相談する場合に有用なものとなります。

Jメールのサポートセンターへの連絡方法は、同サイトの公式サイトで確認することができます。

是非、的確な情報を提供して、犯罪者を摘発することが大切です。

 

警察署の相談窓口

もし明らかな犯罪行為があった場合、早急に最寄りの警察署または交番に相談することをおすすめします。また、相談窓口でも相談することができます。

金品が奪われていたり、脅迫や暴力を受けていた場合、警察がすぐに捜査を行ってくれます。

そのような状況に至った場合は、自分自身が対処することは非常に危険です。

警察に報告することで、安全な環境を取り戻すことができます。

警察は専門的な知識と技術を持っており、犯罪者を追跡し、罰することができます。

犯罪行為が被害者に与える影響は非常に大きく、心理的なダメージを受けることもあります。

警察のサポートを受けることで、加害者に対して正当な処罰を受けさせることができ、被害者の精神的な回復を助けることができます。

 

消費者生活センター

Jメールで、予期せぬ悪質な商法などに巻き込まれた場合は、消費者生活センターにご相談することをお勧めします。

こういったトラブルに対応するために、消費者生活センターでは専門的な知識を持つスタッフが対応しています。

また、相談内容は個人情報として取り扱われ、秘密厳守されるので、安心してご相談いただけます。

消費者生活センターに相談することで、より適切なアドバイスを得ることができ、解決に向けたステップが打てるようになります。

 

弁護士

金銭的な詐欺や脅迫に遭遇した場合には、弁護士事務所に相談することも一つの有効な手段となります。

弁護士は交渉のプロであり、あなたの代理人として示談の提案や解決策の導き出しを行うことができます。

民事訴訟による手続きを踏むことで、あなたがだまし取られた現金の全額または一部を取り戻す可能性があります。

このような手続きは複雑であり、専門的な知識や経験が必要となるため、弁護士に相談することが望ましいでしょう。

弁護士はあなたの権利を守るために全力で尽力し、最良の結果を得るために努力します。

 

【Jメール 詐欺】Jメールで個人情報流出はあるの?

セキュリティ対策は万全なので流出しない!

Jメールは、自社でデータセンターを保有し、独立したコンピューターシステム体制を取っています。

個人情報保護には、外部の委託を頼らず自社で管理しており、外部漏洩のリスクを一切排除しております。

また、Jメールでは適切な情報管理を行っている企業・サイトの証として「JAPHICマーク」を表示しています。

このマークは、日本個人・医療情報管理協会が認定する、経済産業大臣認定個人情報保護団体である特定非営利活動法人JAPHICが認定し、付与するマークです。

また、GMOグローバルサインの認証サービスを受けており、SSLサーバ証明書を取得しています。

このように、Jメールは、情報の取り扱いに関して徹底しており、出会い系サイトだからと心配する必要はありません。

安心してご利用いただけます。

 

そもそも「年齢確認」では個人情報は必要ない

Jメールでの利用には、18歳以上であるという年齢確認が必要となります。

ただ、この時に必要な情報は、身分証に記載されている「生年月日または年齢」「書類の名称」「書類の発行者名」という3つの項目のみです。

本名や住所、顔写真などの個人情報は、要求されることはありません。

また、年齢確認に必要な情報以外の項目は、黒く塗りつぶすなどして隠すことが可能ですので、安心してください。

お届けした情報は、確認後には破棄されるため安心です。

 

クレジットカード情報は抜き取られない?

Jメールには、利用者は個人情報を登録する必要はありませんが、ポイントを購入してクレジットカード決済を利用する場合、一部の人は不安になるかもしれません。

しかし、Jメールではクレジットカード決済に代行会社を使用しています。

この代行会社は多くのネットショップやサービスで利用されており、安全性やセキュリティに問題はありません。

出会い系サイトに懸念を持つ人がいるかもしれませんが、Jメールは代行会社を利用することで安全であることを保証しています。

 

【Jメール 詐欺】Jメールで業者やキャッシュバッカーに騙されて危険な目に遭う可能性は?

残念なことに、Jメールには業者が存在します。

この業者には、援助交際を装ったデリヘル業者や、悪質な出会い系サイトへの誘導業者、LINEIDを回収する目的の業者などが含まれます。

援デリ業者は、質の低い女性を扱っており、プロフィール画像とは全く異なる相手が来ることもあります。

悪質な出会い系サイトへの誘導業者には、登録後に高額な料金が請求される詐欺の可能性があります。

これらの業者に騙されると、高額な料金を請求されたり、援助交際で危険な目に遭ったりする可能性があります。

しかし、これらの業者を見分ける方法を知っていれば簡単に避けることができます。

業者は、出会い系アプリであるJメールを悪用している、邪魔な存在であることを理解しておきましょう。

Jメール自体が業者を用意しているわけではなく、自衛するために業者を見分ける方法を学ぶことが重要です。

以下にJメールの業者の見分け方を説明しているので、知識を身につけて業者に騙されないようにしましょう。

このような自衛態勢を整えることで、安全な出会いを楽しむことができます。

 

Jメールのプロフからは業者が見分けにくい

Jメールは、ほかの出会い系サイトに比べて、プロフィールなどの情報が少なく、業者かどうかを判断するのが困難な場合があります。

個人的な意見としては、この点についてJメールは出会い系サイトの中でも難易度が高い部類に入ると思います。

そこで、以下のページでJメールで業者の見分け方を解説しています。参考にしてください。

 

関連ページJメールの業者やサクラの見分け方と特徴を解説!危険なの?

Jメールの業者やサクラの見分け方と特徴を解説!危険なの?
Jメールに業者やサクラはいるのでしょうか?結論は、サクラはいませんが業者はいます。そこで、業者の特徴や見分け方を解説しています。これさえ知っていれば危険はありません。逆に、業者を見分けることができればライバル男性を出し抜けますよ!

 

キャッシュバッカーには注意

Jメールは、出会い系サイトで男性とメールすることで貯められるポイントを換金することを目的とする女性たちがいます。

このような女性たちのことを、「キャッシュバッカー(CB)」と呼びます。

Jメールは、他の出会い系サイトと比べてポイントの換金率が高いため、キャッシュバッカーが多く出現します。

初心者の方々は、このような存在に注意が必要です。

というのも、キャッシュバッカーは見分けがつきにくく、その存在に気がつかずに接してしまうことがあります。

ただ、キャッシュバッカーが失礼な態度をとることはあっても、出会う気がないので危険なことはありませんので、安心して口を開けても大丈夫です。

 

関連ページJメールでキャッシュバッカーの見分け方は?女性はポイントで小遣い稼ぎ?

Jメールでキャッシュバッカーの見分け方は?女性はポイントで小遣い稼ぎ?
Jメールでキャッシュバッカーの特徴や見分け方を解説。プロフィールから見分ける方法、メールから見分ける方法、掲示板から見分ける方法を紹介。Jメールでは女性が小遣い稼ぎOKなのでしょうか?Jメールのポイント還元の仕組みも解説。

 

【Jメール 詐欺】Jメールで後から料金を請求されることはある?

Jメールは、事前にポイントを購入し、そのポイントを消費した時点で課金がされる仕組みです。

つまり、ポイントを購入しない限り、料金は発生しないことになります。

したがって、利用後に請求書が送られるなどの心配は全くありません。

この制度により、安心して利用することができるようになっています。

 

【Jメール 詐欺】Jメールに架空会員のサクラはいるの?

Jメールには、架空の女性会員であるサクラは存在しません。

しかし、代わりに男性とメールをすることでポイントを貰えるキャッシュバッカーが多いという印象があります。

あくまでもキャッシュバッカーは素人女性で、男性会員とのメールによってポイントを貯め、それを現金に交換することができるシステムが設けられています。

しかしながら、現代にはインターネット上でお小遣い稼ぎをする方法が色々あるため、キャッシュバッカーの活動も以前ほど盛んではなくなっています。

キャッシュバッカーの特徴としては、男性のポイント消費を増やすために「画像を送ってくる」、「おしゃべりに誘ってくる」など、ポイント消費が多い行動が挙げられます。

また、沢山の男性会員とメールしているため、あまり本気で会う気がない場合でも、定型文の内容や関係のない話題をメールしてくることが多いという特徴があります。

サクラとは異なり、キャッシュバッカーは運営会社によって用意された架空の相手ではなく、一応は素人女性であることが多いです。

しかし、キャッシュバッカーはあくまでも現金化を目的としているため、無駄にポイントを消費させる可能性があることに注意が必要です。

ただし、キャッシュバッカーに関わることで高額な料金が発生することはありませんし、自分自身がポイントを購入しなければ料金が発生することもありません。

危険な状況に陥る心配も少ないですが、無駄にポイントを消費させられる可能性があることは覚えておく必要があります。

Jメールを利用する際には、以上のようなCBの存在があることを頭に入れておくと良いでしょう。

 

大人の出会いが多いのは
Jメール(R18)公式サイト>>

 

【Jメール 詐欺】Jメールは運営歴が長く信頼できる!

運営歴が長いから安心

Jメールは、現在プロスゲイト株式会社によって運営されており、出会い系の老舗の1つです。

このサイトは、2000年以来約20年にわたり運営されています。

このような長期間にわたる運営実績を持つサイトは、悪質な出会い系ではありません。

なぜなら、悪質な出会い系は長い期間名前を変えずに運営し続けることはできないからです。

Jメールは、その実績によって長年にわたる運営ができているサイトなのです。

 

Jメールは「インターネット異性紹事業」認定されている

Jメールは、インターネット上で異性紹介を行うサービスで、出会い系として認可を受けています。

「届出・認定済み認定番号 第90080006000号」を持っています。

過去には、出会い系サイトで年齢確認が行われず未成年が売春や犯罪に巻き込まれる事件が多発していました。

そこで、未成年者を保護する目的で、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」が制定されました。

しかし、現在の「無料」の出会いアプリや「悪質」な出会い系は、この法律を守っておらず、年齢確認や未成年者の取り扱いにも問題があるため、犯罪や詐欺行為が横行しています。

Jメールは、しっかりと年齢確認を行い、法律を遵守しているため、安全な出会い系と言えます。

 

Jメール(R18)公式サイト>>

 

【Jメール 詐欺】Jメールにブロック機能はある?

Jメールを利用する際には、安全面についても十分に気を配ることが重要です。

なぜなら、利用者の中には粘着的な態度をとる人や、悪意のある人物が存在する可能性があるからです。

そこで、Jメールには機能として「拒否設定機能」が用意されております。

これは、自分が嫌な相手を登録することで、以下のことができなくなります。

  • プロフィール閲覧
  • プロフィール検索
  • 掲示板の表示
  • メール

 

まず、その相手から自分のプロフィールや情報を見られることがなくなります。

また、相手も検索結果に表示されなくなるため、面倒なトラブルを避けることができます。

さらに、Jメールでは問題行為や不正行為などをしている相手を通報することができます。

通報をすると、運営側が確認し、相手を厳正に処分することができます。

このように、Jメールには自衛するための機能がしっかりと用意されているため、安心して利用できます。

 

【Jメール 詐欺】Jメールで規約違反すると通報され、利用停止になるので安全

Jメールでは、利用規約に違反している相手を見つけた場合には通報することができます。

この通報により、運営側が相手の行動を確認し、違反行為があれば相手を利用停止・退会させる処分を行ってくれます。

また、24時間体制で行われるパトロールでも、利用規約に違反しているアカウントは利用停止になるため、安心して利用することができます。

つまり、違反行為をしている人はJメールを使えなくなるので、安全に利用することができるのです。

 

【Jメール 詐欺】Jメールは「悪質な出会い系サイト」や「詐欺サイト」ではない!

Jメールは、出会い系サイトに不安を抱いている人に安心して利用してもらうため、安全性に配慮した取り組みを行っています。

イメージされがちな、過剰な料金請求や個人情報の不正利用などの悪質な行為は一切ありません。

無料登録しても、法外な利用料金が請求されたり、高額なポイント購入が強制されることもありません。

ポイント購入をしなければ、料金を請求されることもないので安心してください。

また、Jメールは20年以上もの長い運営歴を持つ出会い系サイトです。

これだけ長く続いている理由は、悪質な出会い系サイトとは違い、ユーザーが実際に出会える場所であることにあります。

ただし、これには落とし穴もあります。

今後Jメールを利用する際には、悪質な業者に注意する必要があります。

この悪質業者は、Jメールだけでなくすべての出会い系サイトに存在すると言われています。

そのため、出会い系サイトを利用したい場合は、自衛が必須であることを覚えておいてください。

 

【Jメール 詐欺】まとめ

『Jメ【Jメール 詐欺】ール』を利用する際には、詐欺に対する知識を身につけることが大切です。

それによって、真剣に出会いを求めている相手とそうでない相手を見極めることが容易になります。

ぜひ素晴らしい出会いを見つけるためにも、この記事で紹介された内容を抑え、『Jメール』を利用してみましょう。

アダルトな出会いがしたい?
Jメール(R18)公式サイト>>

 

『Jメール』では、実際にデートをする際に詐欺から身を守る方法があります。

メッセージ交換をしてデートを約束しても、まだ安心できるわけではありません。

以下に挙げるような怪しい言動には注意が必要です。

まず、積極的すぎる女性には要注意です。

例えば、「ホテルに行こう」とか「家に遊びに来て」といった積極的すぎる誘い方をしてくる女性は危険信号です。

このような誘いに乗ると、見知らぬ男性が待ち構えていて脅迫されたり、自宅や本名などの個人情報を収集している可能性があります。

また、相手から個人情報を求められた場合も警戒が必要です。

初対面の相手に自分の名刺を渡すのは危険ですし、相手から「名刺が欲しい」とか「本名は何か」といった要求や質問があった場合も注意が必要です。

相手が個人情報を収集して、詐欺や脅迫に使おうとしている可能性があります。

さらに、「初回だけ〇万円」といった言葉には注意が必要です。

詐欺師は身体の関係を匂わせるために、「初回だけ5万円」といった言葉を頻繁に使います。

具体的な要求としては、「最初に会って身体の関係を持つ際だけ5万円が欲しい」という意味です。

また、「2回目からは無料でいい」とか「信頼を築くために補償としてお金を預けて欲しい」といった言葉で金銭を要求することも多いようです。

これらの兆候が見えた場合は、デートを打ち切って帰る勇気も必要です。

詐欺師は実際に会ってもなお、一般人を装ってだまそうとします。

しかし、上記の対策を講じることで、自分を詐欺から守ることができます。

しかし、事実上の要求に従って支払った金額と連絡先を教えると、相手にブロックされ、お金を奪われたまま再度会うことは不可能です。

宗教やネットワークビジネスの勧誘には乗らないようにしましょう。

待ち合わせ場所に行って、そこから喫茶店やレストランに移動すると、宗教やネットワークビジネスの勧誘が始まる可能性があります。

待ち合わせをした女性自身が勧誘してくる場合もありますし、見知らぬ男性が無断で同席し、脅迫的に勧誘する場合もありますので、用心する必要があります。

彼らは”必ず儲かる”というセールストークをしますが、そういった甘い言葉には乗らないようにしましょう。

実際に嘘をついて勧誘してくる人物は信頼できる存在ではありません。

もしもの場合に備えて、初回のデートは公共の場所で行いましょう。

必要なだけの現金を持って行くようにしましょう。

美人局などの犯罪は強硬手段を用いてお金や貴重品を奪おうとします。

最悪の場合に備えるため、多額の現金や高級なブランド品、時計などはデートの場所に持って行かないようにしましょう。

女性が指定したお店に行くことも避けましょう。

女性がデートの場所を指定してくる場合も注意が必要です。

“評判のいい店に行きたい”という場合は心配はいりませんが、怪しい場所には行かないようにしましょう。

もしも連れ込まれた場所が詐欺のバーだった場合、莫大な金額を請求される可能性があります。

女性がデート中に頻繁にスマートフォンを見る場合も、ぼったくりや美人局などの詐欺行為を考えるべきです。

彼女が今どのような状況なのか、どこに行く予定なのかを仲間と共有することで、脅迫行為に備えている可能性があるからです。

実際にデートの計画が進行中でありながらも、相手がまだ素人であるという自信がない場合は、相手よりも早く待ち合わせ場所に到着しましょう。

援デリやマルチ商法の勧誘をしている人とのやり取りで、Jメールで会話をしていた相手とは異なる人物が現場に現れる可能性があります。

もし、待ち合わせ場所に行ってみると、Jメールのプロフィール写真とは明らかに違う人物が現れた場合は、そのまま約束をキャンセルして帰宅することが適切です。

このような状況では、安全を優先させるべきです。

間違っても無理に会う場合はなく、自分の身を守るためにも慎重に行動しましょう。

2024