JメールでLINE交換する方法とは?連絡先交換する具体的な手順と注意点

Jメール LIN交換 出会い系攻略

(※本ページはプロモーションが含まれています)

JメールでLINE交換するメリット

女性との距離が縮まる

LINEは、たくさんの人が日々の生活で頻繁に利用する、身近なアプリですよね。

そして、連絡を取る相手は、家族や友人が多いです。

LINEを使えばメッセージのやり取りが簡単になるので、相手との距離感を縮めやすくなります。

ポイントを節約できる

Jメール内でメッセージを送信するには、ポイントが必要となります。

そのため、メッセージを送る度にポイントを消費することになります。

そこで、メッセージのやり取りをLINEで行うようにすれば、コストを抑えることができます。

ポイントの価格は1ptあたり約10円となっております。(※実際の価格は決済方法によって異なる場合があります。)

相手にメッセージを返信するには1通につき約70円かかります。

しかし、LINE交換すればメッセージのやり取りは無料となります。

 

JメールでLINE交換できる人を探す「3つの方法」

ライン交換相手を探す方法①ピュア掲示板で『LINE』と検索をかける

Jメールにはピュアな出会いを支援するための「ピュア掲示板」という機能があります。

Jメール ピュア掲示板

この掲示板は、アダルト目的を排除し、真剣な出会いを求めるユーザーが利用しています。

このピュア掲示板は非常に便利で、女性ユーザーを絞り込むための検索条件に「LINE」と入力すると、LINEを交換したいと考えている女性ユーザーを優先的に表示することができます。

Jメール LINE交換

この機能を使えば、効率的にLINE交換を目指すことができます。

さらに、LINE検索機能を利用することで、LINE交換を望んでいない女性ユーザーを事前に排除することができるため、無駄なアプローチを避けることができます。

まさに素晴らしい機能ですので、ぜひ活用してみてください。

LINE検索で表示された女性たちに積極的にアプローチしてみましょう!

 

ライン交換相手を探す方法②「誘い飯掲示板」を利用する

Jメールでは、ピュア掲示板以外にも、「誘い飯掲示板」というものがあります。

この掲示板では、当日や近いうちに気軽にご飯に行く相手を募集することができます。

「誘い飯掲示板」に投稿している女性は、男性との出会いを積極的に求めています。

そのため、LINE交換の提案も比較的簡単にOKしてくれます。

実際、デートの場所や時間を決めるためには、LINEを交換することが手っ取り早く、安全な方法だと女性たちも理解しています。

そのため、「誘い飯掲示板」の女性にアプローチしてLINE交換を拒否されることはほぼありません。

つまり、Jメールの「誘い飯掲示板」を利用することで、男性は比較的簡単に女性との出会いを得ることができます。

特に、デートの計画を立てる際には、LINE交換が便利で安心な手段となります。

 

ライン交換相手を探す方法③「日記」や「つぶやき」を利用する

Jメールには、さまざまなコミュニケーション機能があります。

例えば、「ピュア掲示板」と「誘い飯掲示板」のほかに、「日記」と「つぶやき」という機能があります。

「日記」機能では、自分の日記を投稿したり、他のユーザーからのコメントを受け付けたりすることができます。

これは、TwitterやInstagram、フェイスブックなどのSNSに似た機能です。

 

特に女性ユーザーの中には、さみしがりや承認欲求が強い傾向の人も多く、自分の画像を投稿している女性にコメントしたり交流したりすると、意外にもすぐにLINEの交換ができることがあります。

日記のコメント機能は無料で利用できるため、積極的にコメントをしていくことをおすすめします。

 

また、「つぶやき」機能もあります。

これはアプリ版で利用できる機能ですが、基本的には日記機能と同じようなものです。

つぶやき機能では、画像やテキストを投稿したり、他のユーザーの投稿に対してコメントしたりすることができます。

つぶやき機能を利用して投稿した女性にアプローチすれば、無料でやり取りしながら仲良くなり、LINEに誘導することも可能です。

 

逆に、男性がつぶやきを投稿し、女性からコメントがくる場合は、女性があなたに興味を持っている状態なので、LINEの交換が成功する可能性が高くなります。

投稿する内容については、普段の自分の笑顔の写真や食べ物の写真、ふと浮かんだ何気ない文章など、あなたの個性が感じられるものを選ぶと、女性からのコメントが増えやすくなります。

日記やつぶやき機能を無料で活用し、自己アピールしてたくさんのLINE交換を目指しましょう。

 

JメールでLINE交換を成功させる「4つのポイント」

成功ポイント①プロフィールは作り込む

相手にLINE交換を提案する際には、信頼できる人物と思われることが重要です。

そのためには、プロフィールを丁寧に作り込む必要があります。

全ての項目にきちんと回答しておくことで、「恋愛に前向きで誠実な人」という印象を与えやすくなります。

できれば、顔写真も掲載しておくことをおすすめします。

雰囲気が伝わる写真があれば、相手は連絡を取っても問題ないと思ってくれるでしょう。

ただし、相手への誤解を生むことにならないように注意が必要です。

自分の写真を別人や過度に修正したもの、セルフィー写真だけでなく、複数人で撮影した写真を掲載することは避けましょう。

これらは、相手に身元がばれる可能性を恐れていると誤解される可能性があります。

 

アダルト目的なら写真なしでもOK!

Jメールをアダルトな出会い目的で利用するなら「プロフ写真なし」でも大丈夫です。

大人の出会い目的であれば「アダルト掲示板」を利用するのが手っ取り早いですし、エロトークが盛り上がれば、ほぼ会えるからです。

もちろん、写真交換をすることになりますが、それはLINE交換をしてからで大丈夫です!

アダルト掲示板でセフレを募集する手順は、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

 

参考記事出会い系のアダルト掲示板でセックス相手を募集する手順【出会い掲示板攻略法】

出会い系サイトでセックス目的の女性と出会う具体的な手順!
出会い系のアダルト掲示板でセックス相手を募集する具体的な手順を紹介。この方法はJメールだけでなく、どの出会い系でも使えるので、手順を真似するだけで確実で簡単にセックス相手が見つかります。「割り切り」や「業者」にダマされてる方は必見です。

 

関連記事出会い系の掲示板の書き方!タイトル&投稿文を<コピペで攻略>

アダルト掲示板の投稿文の書き方!コピペでセックスできる
出会い系の掲示板を書き方を紹介。どういうタイトルでどういう投稿をしたらエロい女と会えるのか分からない人は「コピペ」して使うだけ。出会い系でセフレを作るなら掲示板に投稿して待つだけの「待ちの戦略」が確実です。プロフ検索や掲示板検索はしないのでコスパもいい。

 

成功ポイント②メッセージは誠実に敬語を使う

相手が年下であっても、メッセージを送る際には敬語を使うことが大切です。

タメ口で話しかけると相手に対して失礼な印象を与える可能性がありますし、またチャラそうな人と思われてしまうかもしれません。

メッセージの内容も、相手を尊重する内容にすることが重要で、上から目線で接することは避けましょう。

意思をちゃんと伝える一方で、相手の立場や感情を考えた上でメッセージを送ることが、円滑なコミュニケーションを築くために必要です。

 

成功ポイント③LINE交換は、複数回やりとりしてから提案

特に女性の場合、LINE交換には慎重になるものです。

ある程度、相手(あなた)のことが分かるようにならないと、簡単にLINE交換してくれないと考えましょう。

最低でも5通くらいのメッセージのやり取りをして、ある程度の信頼関係を築くことを頑張りましょう。

それから、LINE交換を提案するのが失敗しないコツです。

相手がプロフィールや掲示板で「LINE交換OK」と書いていたとしても、初回のメッセージで直接LINEのIDを聞くことは避けましょう。

これは相手に失礼な印象を与え、彼女たちが警戒する可能性を高めることになります。

また、「ID回収業者かもしれない」「悪用される可能性がある」という印象を与えるかもしれません。

 

成功ポイント④LINEとは別のツールを提案(カカオトークなど)

LINEを利用している人々は、通常、本名や顔写真を登録しています。

そのため、LINEを交換することに対して抵抗がある人も多いです。

 

こうした人には、代わりに「カカオトーク」など、別の連絡先交換を提案しましょう。

カカオトークなら、個人情報を少なく抑えることができるので、より気軽に連絡先を教えてくれるかもしれません。

 

また、相手が普段使っていない「捨てアド」と呼ばれる使い捨てのメールアドレスを交換することも、快く受け入れてくれることでしょう。

その後、LINE交換を提案すれば、相手の抵抗感も少なくなるでしょう。

 

JメールでLINE交換する4つのタイミング

「Jメール」でLINE交換したいと思える相手を見つけても、相手がすぐにOKしてくれるとは限りません。

もし相手に断られてしまったら、今までのやりとりが無駄になってしまう可能性もありますし、いつLINE交換を提案すればいいのか迷う方も多いかもしれません。

そこで、ここではLINE交換のタイミングに応じた4つの例文を紹介します。

タイミング①:初メッセージの後

例文:「こんにちは!初めまして、○○と申します。

Jメールでお会いできて嬉しいです。

もしよろしければ、連絡先を交換してLINEでもより直接的にお話しできたらと思いまして、LINEIDを教えていただけませんか?よろしくお願いします。」

解説

ポイントの残高が残り少ない場合だけに限定して下さい。

できれば、知り合った段階でLINE交換を提案するのはNGです。

「ポイントをケチってるの?」と勘繰られたら、印象は最悪になってしまうので。

 

タイミング②:やり取りを通じて、一定の関係性を築いた後

例文:「いつも素敵なメッセージをありがとうございます。

私もJメールでのやりとり、楽しんでおります。

これからもっと詳しくお互いのことを知りたくて、もしよければLINEでも続けてお話しできたら嬉しいです。

もし良ければ、LINEIDの交換をしていただけませんか?宜しくお願いします。」

説明

なぜLINEの交換を希望するのか、具体的な理由をしっかりと伝えることが重要です。

例えば、相手と気軽にコミュニケーションを取りたい、メッセージや画像をよりスムーズにやりとりしたい、または通話もしてみたいなど、自分の目的を明確に伝えることで、相手もLINEの交換を快諾しやすくなります。

一方で、「ポイントを消費したくないから」という理由は、正直に伝えるべきではありません。

たとえそれが本当の理由であっても、ケチだと思われてしまい、相手に悪印象を与えかねません。

タイミング③:デートの約束をする時

例文:「15日の18時に予定が開いているので、お食事に行きませんか?

よろしければ、待ち合わせ場所など、詳細を相談したいのでLINEを交換しませんか?

LINEを使えば、顔写真も簡単に送れますし、待ち合わせ場所に迷っても、すぐに連絡が取れるので助かります。

もしLINEを交換しても大丈夫なら、LINEのIDをお伝えします。

どうぞよろしくお願いします。」

解説

デートの日程調整の段階まで進んでいるということは、相手はあなたに対して好意を持っている可能性が高いです。

このタイミングでLINE交換を提案するのが、一番良いタイミングです。

その際は、相手のLINEを聞くのではなく、自分からLINEを教えるのがコツです。

 

タイミング④:デートして仲が深まってから

例文:「先日は本当に楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

Jメールのやりとりも充実していますが、もっとたくさんの話をして、一緒に過ごす時間を一緒に作りたいと思い、LINE交換を提案させていただきます。

もしよろしければ、 LINEIDを教えていただけませんか?これからもより親密な関係を築いていけたらと思います。

どうぞよろしくお願い致します。」

解説

デートをしたのに、まだLINE交換をしていない場合の提案の仕方です。

本来なら、デートの約束した段階で、LINE交換を提案するのがベストです。

 

LINE交換のタイミング「まとめ」

これらの例文は、相手に対して丁寧にお願いする形でLINE交換を提案する内容です。

相手が断られるかもしれないというリスクもありますが、自分の気持ちを率直に伝えることで、相手も交換を受け入れる可能性が高まるでしょう。

交換のタイミングに合わせて例文を参考にしてみてください。

 

 

JメールでLINE交換する時の「6つの注意点」

注意点①:「ポイントがもったいないから」を理由にしない!

Jメールでは、男性が女性にメッセージを送るためにはポイントが必要なので、「早い段階でLINEのIDを交換してポイントを節約したい」と考えるのは自然なことです。

ただし、女性に対して「ポイントがもったいないからLINEのIDを教えてください」とお願いすると、「この人はケチだな」と思われてしまって相手にされません。

数十円程度のことをケチる男性に対して、「会いたい」という気持ちや「LINEのIDを教えたい」という思いは生まれません。

本当にIDを教えてもらいたいのであれば、「ポイントを節約したい」という言葉は避けるべきです。

 

注意②:断られても不快な態度はNG!

連絡先の交換を断られた場合でも、相手に暴言を吐いたり、相手を不快にさせるような言動をすることは絶対に避けましょう。

Jメールでは、通報機能が提供されており、不適切な行動を取るユーザーは通報されてペナルティを受ける可能性があります。

通報されると、利用停止やアカウント削除といった重いペナルティを受ける可能性が高くなります。

LINE交換がうまくいかなかったからといって相手を攻撃すると、後悔することになるかもしれなせん・・。

 

注意③:1度断られたらスッパリと諦める

相手に「LINEIDを交換しませんか?」と提案しても、「まだ早いですね」とか「申し訳ありません・・」とか「ちょっと、ごめんなさい」と断られることもありました。

その時は、さっさ諦めて、次の相手を探していました。

1度断られた相手に対してしつこくしても、通報されたり、ブロックされる可能性が高いです。

タイプの女性に断られても、ストーカーのようにしつこく付きまとうのは、逆効果ですので絶対にやめましょう。

 

注意④:女性からのLINE交換の提案には注意!

女性からLINE交換の申し出があった場合は注意しましょう。

というのは、女性にとってLINE交換はあまりメリットがないからです。

通常、LINE交換は男性から提案するものです。

女性から提案された場合、業者である可能性が高く、特に「他のサイトに誘導する業者」や「個人情報を収集しようとする業者」である可能性があります。

なので、あなたが女性からLINE交換の申し出をがあった場合は用心しましょう。

注意⑤:初メールでのLINE交換の提案は「ほぼ業者」

女性からのLINE交換のお誘いがある場合、少し疑わしいと思うかもしれませんが、実はより疑わしい(業者確定)場合もがあります。

それは、メールのやり取りがわずか1~2回で女性からLINE交換を提案される場合です。

この場合、ほぼ100%業者である可能性が高いので、そこで連絡を絶つことが重要です。

相手のプロフィール画像が美しい女性や可愛らしい女性であることが多いかもしれませんが、スグにやり取りを終了することが、被害に遭わないために非常に重要です。

 

注意⑥:LINEの「IDの検索を許可」をONにしておく

LINEのIDを相手に伝える前に、まず「IDの検索を許可」の設定をオンにする必要があります。

オフにしていると、検索結果に表示されないからです。

LINEのID検索を許可する手順を説明します。

まずは、LINEアプリを起動します。

次に、トップ画面右上にある歯車マークを見つけてタップします。

これにより、設定画面が表示されます。

そして、設定画面が開かれたら、「プロフィール」という項目を探してタップします。

プロフィールページに移動します。

最後に、プロフィールページに移動したら、「IDによる友だちの追加を許可」という設定を探して、ONにします。

これで、相手の女性がアナタのIDを検索して友だち追加できるようになります。

以上が、LINEのID検索を許可する手順の詳細な説明です。

 

JメールでLINE交換した女性をセフレした体験談

私は、以前は、PCMAXを使うことが多かったのですが、現在では、Jメールのアダルト掲示板を攻略してセフレを作っています。

PCMAXは、アダルトな目的で利用している女性も多いのですが、その分、ライバルとなる男性も多いです。

その点、Jメールには、アダルトな出会いを探してる女性が多いのに、ライバルとなる男性が少ない印象を持っています。

それは、アダルト掲示板で「足あと」を付けてくれる女性が多いことからも明白です。

Jメールを攻略してセフレを作るには、アダルト掲示板に「もう、どのくらいクンニされてないですか?」のような、エッチな投稿をして、「足あと」が付くのを待つだけです。

足あとが付いたら、その女性に「〇〇さんは、クンニに興味あるんですか?」というようなメッセージを送るだけです。

あとは、エロトークで盛り上がり、ホテルに誘うだけです。

これで、常に3~4人のセフレをキープしつつ、たまに、ワンナイトのエッチもしています。

Jメールのアダルト掲示板を攻略する方法は、以下の記事で解説しています。

 

関連記事出会い系のアダルト掲示板でセックス相手を募集する手順【出会い掲示板攻略法】

出会い系サイトでセックス目的の女性と出会う具体的な手順!
出会い系のアダルト掲示板でセックス相手を募集する具体的な手順を紹介。この方法はJメールだけでなく、どの出会い系でも使えるので、手順を真似するだけで確実で簡単にセックス相手が見つかります。「割り切り」や「業者」にダマされてる方は必見です。

 

まとめ|JメールのLINE交換は、コツをつかめば簡単!

JメールでLINE交換をするには、いくつかのコツが必要です。

しかし、この記事で紹介したコツを知っていれば、Jメールで簡単にLINE交換をすることができます。

 

JメールでLINE交換してセフレをゲット!
Jメール(R18)公式サイト>>

 

とはいうものの、

もし、Jメールでなかなか女性とLINE交換ができないという方は、ハッピーメールやワクワクメールを試してみることもできます。

特に、ハッピーメールの会員数は、国内最大級なので、地方住みの方にも出会うことができると評判です。

また、ハッピーメールは、業者が最も少ない出会い系サイトの一つでもあります。

Jメールで業者に悩まされたり、LINE交換がうまくいかない場合には、ハッピーメールを利用することで問題を解決できる可能性が高いです。

ハッピーメールの公式サイトにアクセスして、詳細な情報を確認してみてください。

 

Jメールで「会えない」?
ハッピーメール(R18)公式サイト>>

 

セフレを作れる出会い系サイトはこちら
セフレ出会い系アプリおすすめ5選!超簡単なセフレの作り方

 

出会い系サイトやアプリは、言ってしまえば「連絡先交換までの場」です。

つまり、そこではまず連絡先を交換し、その後はライン(LINE)やメールなどを通じてコミュニケーションを取ります。

ただし、実際にはJメールなどのサイトでラインを交換するのは難しいという人も多いですね。

そこで、私は15年以上のJメール経験から、Jメールでラインを交換するための具体的な手順を解説します。

まず、ラインを交換するためには以下の6つのステップに従います。

ステップ1: 自分自身のプロフィールを整えましょう。

魅力的な自己紹介文や写真を掲載し、相手に興味を持ってもらえるようにしましょう。

ステップ2: 掲示板ではなくプロフィール検索を使ってアプローチしましょう。

自分の好みに合った異性を探し、メッセージを送りましょう。

ステップ3: 検索結果からキャッシュバッカーや業者を除外しましょう。

彼らは出会いを求めていない場合が多いので、時間を無駄にしないためにもスルーしましょう。

ステップ4: 好感度を上げるために、NGメッセージは使わずにメッセージを送りましょう。

相手に失礼や不快感を与える内容は避け、興味を持ってもらえるメッセージを心掛けましょう。

ステップ5: 10通目までに連絡先交換を切り出しましょう。

相手との会話がスムーズに進んでいるようであれば、自然な形で連絡先交換を提案しましょう。

ステップ6: 捨てアドやカカオトークなどから、ラインへの移行を促しましょう。

Jメール上でのコミュニケーションをやめ、よりプライベートなトークアプリでのやり取りに移行することで、関係を一歩進めることができます。

また、Jメールでのライン交換には以下の3つの注意点があります。

注意点1: 女性からのライン交換の申し出には注意しましょう。

突然の提案には詐欺の可能性もあるため、慎重に検討しましょう。

注意点2: 最初のメッセージでのライン交換の申し出はほぼ100%業者です。

彼らはただ単にコインを稼ぐことが目的であり、真剣な出会いを求めていません。

注意点3: ライン交換を渋られた場合は、待たずに切りましょう。

Jメールは良質な出会い系の一つですが、キャッシュバッカーや他のトラブルも存在します。

もしJメールでうまく出会えない場合は、ハッピーメールやPCMAXなどの別のサイトを試してみることも検討してください。

以上がJメールでのライン交換に役立つステップや注意点です。

出会い系サイトやアプリを利用する際には、相手とのコミュニケーションを大切にし、安全に利用することを心掛けましょう。

Jメール(ミントC!Jメール)は、出会い系サイトの中でも長い歴史を持つ老舗のサービスです。

2000年から運営されており、PCMAXやハッピーメールと並んで出会い系の3大サービスとして知られています。

特にJメールは女性比率が高く、出会いがしやすいとされています。

そのため、セフレや不倫相手を探すのには最適なサイトと言えるでしょう。

一方、ハッピーメールは日本最大の出会い系サイトであり、累計会員数は3000万を誇っています。

真面目な出会いを求める人にも対応しており、幅広い利用者層を持つため、あらゆる出会いのニーズに対応できると言えます。

また、業者の存在も少ないため、初心者でも安心して利用できる安全な環境が整っています。

そして、PCMAXは男性料金が最も安く、1日に約60万人ものアクティブユーザーが利用しています。

そのため、出会いたいと思った時にすぐに相手を見つけることができ、特にJメールと同様にエッチな出会いを求める人に人気です。

このように、JメールやPCMAX、ハッピーメールはそれぞれ特徴があります。

どのサイトを選ぶかは、自身の出会いの目的や嗜好に合わせて判断するのが良いでしょう。

本記事では、Jメールでラインを交換するための6つのステップを紹介します。

まず最初に、自分自身のプロフィールをしっかりと整えることが重要です。

自己紹介や写真、趣味・特技など、自分の魅力をアピールできる情報を充実させましょう。

次に、掲示板ではなくプロフィール検索を使ってアプローチすることがポイントです。

好みの相手を探してメッセージを送る方法ですね。

ただし、キャッシュバッカーや業者などを避けるために、検索結果から注意深く選ぶ必要があります。

さらに、NGメッセージを使わずに好感度を上げることも大切です。

相手に対して丁寧かつ興味を持ったメッセージを送り、印象を良くする努力をしましょう。

そして、10通目までのやり取りの中で、連絡先の交換を切り出すタイミングを見極めることが重要です。

相手との関係が進展していると感じたら、自然に連絡先を教え合うことができるでしょう。

最後に、捨てアドやカカオトークなどの一時的な連絡手段から、ラインに移行することもおすすめです。

ラインは日常的なコミュニケーションに便利であり、より親密な関係を築くためにも役立ちます。

以上がJメールでラインを交換するためのプロセスの概要です。

適切なアプローチと努力を続ければ、希望する出会いが実現することでしょう。

Jメール公式のJメール攻略の手引きである「Jガイド」では、92%の女性がプロフィールを見て返信するかどうかを決めると書かれています。

参考になるJメール攻略法を知りたい場合は、「Jガイド」を参照してください。

Jメールの公式出会い方についてですが、プロフィール作成のコツは、とにかくピュア(さわやか系)なイメージを作ることです。

Jメールを利用する男性の多くは、エッチな関係を目的としているかもしれませんが、それでもエッチなプロフィールを作成してはいけません。

出会い系サイトにおけるプロフィール設定については、以下の記事を参考にしてください。

以下の記事はハッピーメールのプロフィール設定に関するものですが、Jメールでもポイントは同じです。

Jメールでは、掲示板の利用はおすすめしません。

理由は、ピュア掲示板にはパパ活女子、アダルト掲示板には援デリ業者が存在するからです。

特にアダルト掲示板は、援デリ業者ばかりであり、それ以外の利用価値はほぼゼロと言えるほどです。

では、どうすればいいかというと、プロフィール検索を活用すれば良いです。

Jメールのプロフィール検索の利点は以下の通りです。

1. 自分の好みのタイプの女性を検索結果に表示させることができる。

2. 掲示板などでアピールしていない素人の女性が検索結果に出やすい。

出会い系サイトでは、素人の女性には黙っていても男性からのメールが届きます。

そのため、掲示板や足跡、いいねなどでアピールする女性は業者やセミプロの可能性が高く、プロフィール検索にしか出てこない女性こそがおすすめです。

検索結果からキャッシュバッカーや業者を除外しましょう。

この点が非常に重要です。

Jメールは信頼できる優良な出会い系サイトであり、サクラは存在しません。

しかし、キャッシュバッカーや業者は存在しています。

まず、キャッシュバッカーとは、Jメールという出会い系サイトのキャッシュバック制度を利用して「稼ぐためだけにメールをする」女性のことを指します。

つまり、彼女たちは出会いを求めているわけではなく、単にキャッシュバックポイントを得ることだけが目的です。

キャッシュバッカーの特徴や手口を見分けるためには、彼女たちのメールの特徴に注目しましょう。

彼女たちは短文で返信をすることが多く、かつ返信が早いです。

しかし、彼女たちとのメールのやり取りがいくら続いても、実際には彼らと出会うことはありません。

ですから、短文で返信が早い女性には付き合わないようにしましょう。

キャッシュバッカーだと気付いたら、早めに関係を切ることが重要です。

キャッシュバッカーは、プロフィールを見ても見分けるのは難しいです。

ですので、業者を見抜くためには、いくつかの種類と手口を把握しておくことが重要です。

例えば、援デリ業者というのは、売春が目的で活動しています。

彼らの典型的な手口は、「2回目以降はタダだけど、最初だけお金が欲しい」というものです。

また、他サイト誘導業者というのは、詐欺サイトなどへの誘導を目的としています。

彼らは、嘘をついてスマホが壊れたなどと言って、別のサイトへの登録を促すことがあります。

さらに、個人情報収集業者というのは、LINE IDやメールアドレス、電話番号などの個人情報を集めることが目的です。

彼らの手口は非常に巧妙で、普通の女性と見分けるのが難しいこともあります。

その他にも、宗教や副業、投資、マルチなどさまざまな業者が存在しますが、彼らは比較的少ないです。

業者との見分け方のコツをいくつか紹介します。

それは、プロフィールに注目することです。

業者は、プロフィールに怪しい内容を記載していることが多いです。

また、業者はよく似たようなプロフィールを使い回すことがあります。

ですので、似たようなプロフィールが複数ある場合は要注意です。

そして、プロフィールに連絡先情報(例えばLINE IDやメールアドレス)を記載している場合も疑わしいです。

業者は、あなたの個人情報を集めるためにこれらの情報を求めることが多いです。

以上がキャッシュバッカーや業者を見分けるためのポイントです。

これらの情報を参考にしながら、安全な出会いを求めることが大切です。

業者の可能性が高いプロフィールの特徴は、以下のようなものです。

まず、プロフ写真が美女であることが挙げられます。

これは業者が集客目的で利用している手法の一つです。

また、興味があることに「アダルトな目的」とチェックが入っている場合も注意が必要です。

さらに、エッチを前提とした出会いを求める意向であることが、エロいプロフィール文章に表れています。

このようなプロフィールは、AVの設定でしか見られないような内容であることが多いです。

一方で、相手に求めるプロフ項目がガバガバであることも業者の特徴です。

たとえば、希望する相手の年齢が18歳から65歳など、幅広い範囲を指定している場合は注意が必要です。

さらに、プロフィール文章に「話の早い人が好き」「オタクの人だと嬉しい」「経験少ない人(童貞)だと嬉しい」といった表現がある場合も注意が必要です。

好感度を高めるためには、NGメッセージを使わないことも重要です。

出会い系では、特定のNGメッセージを使ってしまう男性が多いのですが、そうでない男性は女性から好意的に受け取られる傾向があります。

また、連絡先交換についても注意が必要です。

一部の出会い系ブログでは、3通目までに連絡先を交換することを提案していますが、これは早すぎる行動です。

出会い系の女性は無料で利用できるため、まだ相手の人物像が分からないうちに連絡先を交換するメリットはありません。

それどころか、ラインを交換した後にストーカーやエロおやじといったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

最悪の場合、犯罪者と接触することもあります。

ですので、連絡先交換は10通目くらいまで待った方が良いです。

それまでに相手と話題で盛り上がり、信頼関係を構築してから連絡先を聞き出すことがおすすめです。

特に、「食事」の話題で盛り上がった後に、「じゃあ、今度一緒に食事しませんか?連絡先を交換しましょうか?」と持ちかけるのが簡単で効果的です。

自己紹介のやり取りは、最初に自分の名前や仕事、趣味などを相手に伝えることから始まります。

相手も同様に自己紹介をしてくれるはずです。

このやり取りは1~2回程度で終わることが多いです。

次に、初めてのメールの中で触れた話題について話し合うことがあります。

相手が返信した内容や質問に対して、詳しく答えてみましょう。

これによって、会話が盛り上がりやすくなります。

さらに、連絡先交換につながる話題を見つけることが重要です。

おすすめとしては、食事の話題が盛り上がりやすいです。

お互いの好きな料理やお店について話し合い、お互いに興味を持ちやすい話題を見つけましょう。

このやり取りは3~5回程度続けると良いです。

ただし、連絡先交換に至らない場合も多いです。

相手からは捨てアドやカカオトークの情報を教えてもらえることが多いです。

捨てアドとは、一時的なメールアドレスのことで、主に迷惑メール対策に使用されます。

カカオトークはLINEに似たメッセージアプリのことです。

ですが、ここでがっかりする必要はありません。

最初は捨てアドやカカオトークの交換だけでも大丈夫です。

何度かメッセージを交換して仲良くなってから、必ずライン交換できる日が来るでしょう。

それには、先ほど説明したメッセージ交換が重要です。

Jメールでライン交換する際には注意が必要です。

特に、女性からのライン交換申し出には注意が必要です。

初めの1通目からのライン交換申し出は、ほとんどが業者であることが多いです。

相手がライン交換を渋る場合には、待たずに切りましょう。

女性からのライン交換の申し出には注意してください。

女性にとっては、ライン交換のメリットはほとんどありませんし、むしろライン交換しない方がありがたいと思われることが多いです。

ライン交換をしなくてもメールのやり取りをすることは安全です。

出会い系サイトでは、女性がメールをするとキャッシュバックポイントが貯まる仕組みがあります。

したがって、基本的には男性からライン交換を申し出るものです。

逆に言えば、相手からライン交換の申し出があった場合、それは業者である可能性が高いです。

特に「他のサイトに誘導する業者」と「個人情報を収集する業者」が多いです。

援デリ業者は売春目的であり、2回目以降は無料と言って最初だけお金を要求するという手口が一般的です。

他のサイト誘導業者は、嘘をついてスマホが壊れたとかを言い、別の詐欺サイトに登録させるために誘導します。

個人情報収集業者は、LINE IDやメールアドレス、電話番号を収集することが目的です。

彼らの手口は巧妙で、普通の女性と区別が難しいこともあります。

その他には、宗教や副業、投資、マルチなどの勧誘業者も存在しますが、数は少ないです。

女性からのライン交換の申し出は怪しいですが、さらに怪しい(業者確定と言ってもいいでしょう)ケースもあります。

それは、メールの往復が1~2回で相手からライン交換の申し出があった場合です。

この場合は、99%というよりも「100%」業者なので、その時点で関わらない方が良いです。

相手は美女のプロフィール画像を使用していることが多いかもしれませんが、迷わずに関わらないことが重要です。

相手がライン交換を渋るようなら、待たずに関係を切るべきです。

最後に、このポイントは意外に重要です。

出会い系サイト(Jメールを含む)では、ライン交換の申し出が断られることもあります。

どれほどメールが上手な人でも、一定の割合で断られることはあります。

ただし、相手は必ずしも「できない」とは言わず、基本的には「まだちょっと怖いから、もう少し待って」「もう少し仲良くなったら」といった返答が多いです。

この場合、相手の言われるままに待ち続けてメールのやり取りを続ける男性も多いかもしれませんが、私はそれをおすすめしません。

少し仲良くなった程度のタイミングで、相手にライン交換を申し出て断られた場合、その時点で相手をあきらめることがおすすめです。

その理由には、以下の3つがあります。

まず、相手が連絡先交換の意思を全く持っていない可能性があることが考えられます。

おそらく、相手はまだあなたとの関係が十分に築かれていないため、連絡先を共有することに不安を感じている可能性があります。

次に、相手がキャッシュバッカーである可能性も考慮する必要があります。

つまり、相手が単に金銭的な利益を求めている可能性があるのです。

そういった場合、連絡先交換後に金銭の要求があるかもしれません。

注意が必要です。

また、経験的には、もう少し仲良くなってから再度交換を申し出ても断られることが多いです。

つまり、相手が本当に連絡先を教えたいと思うようになるまでの時間と努力が必要です。

要約すると、少し待ってもライン交換が難しいということが多いので、その時点で相手を諦めることをおすすめします。