Jメールは詐欺なの?安全?危険はない?トラブルから身を守る方法!

Jメールの安全性 出会い系攻略

(※本ページはプロモーションが含まれています)

Jメールは、2000年4月にサービスを開始した、長い歴史を持つ出会い系サイトです。

福岡県に本社を構えるため、九州エリアで遊びたい人にとっては非常に便利なサービスとなっています。

このサイトでは、Twitterのような「つぶやき機能」や、プロフィールでは伝えきれない日常をアピールできる「日記機能」といった、無料で利用できる様々なコンテンツがあります。

また、Web版では、利用者の体験談を読むことができるので、たくさんの人が実際に出会いを見つけていると分かります。

Jメールは、累計会員数が600万人もいる中規模の出会い系サイトであり、そのため九州地方以外の地域の方でも出会いの機会があります。

さらに、無料登録するだけで1,000円分のポイントがもらえるので、上手に利用すれば、このポイントだけで会えちゃいます。

Jメール(R18)に無料登録だけ済ませておけば、どんな女性がいるのかをチェックすることができますよ!

 

 

Jメールが安全に利用できる4つの理由

理由1:24時間365日の監視&サポート体制

Jメールは、不正行為を防ぐために24時間365日、厳しい監視体制で運営されています。

投稿内容は、不適切なものを含まないように監視されています。

また、サポートセンターも非常に信頼性の高いサービスを提供しており、早朝から深夜までフル稼働しています。

そのため、利用者に何か質問やトラブルがあっても安心して相談することができる体制が整っています。

どの時間帯においても、スムーズに対応が行われており、利用者の満足度が高いです。

理由2:徹底したサーバーセキュリティ

Jメールのサーバーは、厳重なセキュリティ強化対策が施されています。

外部の業者に頼ることなく、Jメールのデータセンターで管理および保護を行っており、個人情報の外部流出を防いでいます。

さらに、Jメールは「異性紹介事業」として公安委員会に届出をしており、法令を遵守する優良な出会い系サイトであることが証明されています。

理由3:第三者機関「JAPHICマーク」を所得

Jメールを運営している「有限会社エムアイシー総合企画」は、個人情報を適切に管理することができる企業であることが、第三者機関であるJAPHIC(ジャフィック)マークの取得によって証明されています。

JAPHICマーク制度とは、個人情報を適切に運用している事業者に対し、そのマークの使用を許可する制度のことです。

JAPHICマークの取得によって、Jメールが適切に個人情報管理を行っていることが裏付けられ、利用者に安心して利用できる環境が提供されています。

理由4:年齢確認が必要で法令順守している

Jメールを利用する際には、年齢確認が必要です。

年齢確認を行わずとも、メールの送信はできますが、メールBOXを使うためには年齢確認が必要です。

なので、年齢確認を行わないと、連絡先の交換や2通目以降の返信ができず、出会うことができません。

年齢確認を行うには、運転免許証やパスポートなどの公的証明書の提出が必要です。

ただし、クレジットカードを使用して100円以上のポイントを購入することで、決済時に年齢確認を行うことも可能です。

 

Jメール(R18)公式サイト>>

 

Jメール 安全|「登録」や「退会」は安全に行えるの?

Jメールを利用する際に気になるのは、「登録」と「退会」の安全性ですよね。

ネット上で出会い系サイトの評判を調べていると、悪質な出会い系サイトでは「登録や退会時に料金が請求される」というトラブルが起きていることがあります。

しかし、Jメールはそういった悪質な出会い系サイトとは全く違います。

Jメールでは、登録時や退会時に料金を請求されることは一切ありません。

登録するだけでお金がかかったり、退会手続きの際に料金が発生したりすることはありませんので、安心して利用することができます。

Jメールの「登録」の手順

①:Jメールの公式ウェブサイトにアクセスします。

②:男性登録または女性登録を選択し、自分の性別を選びます。

③:登録情報の入力画面が表示されますので、次の項目を入力します。

  • ニックネーム(後で変更可能です)
  • 都道府県(後で変更可能です)
  • 市町村(任意で選ばなくても構いません)
  • 年齢(後で変更可能です)
  • メールアドレス(フリーメールでも問題ありませんが、次のステップでメール認証が必要になるので、間違えないように注意してください)
  • パスワード(忘れないものを選んでください)
  • アダルトコーナの表示(後で変更できますので、チェックを入れたままで構いません)

④:すべて入力し終えたら、「規約に同意して送信」を選択します。

⑤:認証作業が表示されますので、「メール送信」を選択します。

⑥:入力したメールアドレスに、Jメールからメールが届きますので、そこに書かれたURLにアクセスします。

⑦:「メールアドレスの確認が完了しました」と表示されたら、元のページに戻り、登録が完了します。

⑧:次に、TOPページに表示された「18歳以上の確認が必要です」というところから、年齢認証の手続きを進めます。

⑨:マイページに移動し、「年齢確認してポイントGET」を選択します。

⑩:年齢確認には、2つの方法があります。「クレジットカード」と「画像送信」ですので、ご自身の好みの方法を選択します。

【年齢確認1】クレジットカードを利用する場合、100円相当のポイントを購入し、それにより年齢確認ができます。

クレジットカード番号、クレジットカードの有効期限、クレジットカードの名義、電話番号、そしてメールアドレスを入力し、「確認する」を選択します。

【年齢確認2】写真で年齢確認をする場合は、運転免許証などの身分証明書の「生年月日・証明書の種類・発行者の名称」を撮影し、「メール送信」または「アップロード」で画像を送信します。

 

Jメールの登録では、年齢確認に「クレジットカードを利用した場合」のみ料金が発生します。(※100円の購入でOK!)

しかし、免許証などで年齢確認した場合は、登録時に一切料金はかかりません。

 

出会い系サイトでは、利用者が18歳以上であることを確認するために年齢確認が必要です。

これは、未成年者を保護するために制定された出会い系サイトの規制法によって義務付けられているためです。

年齢確認は、身分証明書の「生年月日・証明書の名称・証明書の発行者名」を確認するだけなので、氏名・住所・顔写真などの個人情報は必要ありません。

年齢確認の過程において、個人情報が漏れることはありませんので、安心して利用することができます。

 

Jメール(R18)公式サイト>>

 

Jメールは「退会」も安全にできる

Jメールでは「退会」も安全に行うことができます。

退会の手順は、以下の通りです。

退会手順1

TOPページの一番下に、「ヘルプ/お問い合わせ」というリンクがあります。

このリンクをクリックしてください。

退会手順2

ヘルプページに移動したら、「退会」という項目を探してクリックします。

退会の手続きを行う前に、退会理由を選択するための画面が表示されます。

退会手順3

この中から、「⑦サイトを使わないため」という退会理由を選んでください。

退会に関する注意事項などが表示されるので、確認してください。

退会手順4

退会を確定するために、「退会します」というボタンをクリックします。

すると、退会申請のページに移動します。

退会手順5

ここでは、該当する退会理由にチェックを入れて、「退会する」というボタンをクリックしてください。

退会手順6

さらに、すぐに退会を希望する場合には、「退会する」というボタンを選びます。

これで、Jメールの退会手続きは終了です。

Jメールでは、料金が発生するのは、ポイントを購入する時だけです。

退会時にも料金は発生しませんし、退会後に料金の請求がされることもありませんので、安心してご利用いただけます。

 

Jメール 安全|「個人情報」が流出する心配は?

Jメールでは、すごく徹底して個人情報を管理しています。

公式サイトに掲載されているよくある質問の中には、「個人情報は本当に漏れませんか?」という質問もあります。

この質問に対して、「Jメールは個人情報保護法を遵守し、漏洩などは一切発生しないと」回答しており、安心して利用できます。

サーバーセキュリティ対策は万全で安心できる

Jメールのサーバーは、データセンター内で保護された独自のコンピューターシステムを使用しています。

管理は外部委託せず、個人情報の外部漏洩は絶対にありませんので、安心して利用できます。

また、Jメールではサイト内でも適切な情報管理を行っており、その証として「JAPHICマーク」や、GMOグローバルサインの認証サービスを受けています。

さらに、SSLサーバ証明書を導入しているウェブサイトのみが使用できる「サイトシール」も表示されています。

JAPHICマークは、経済産業大臣が認定した個人情報保護団体である特定非営利活動法人日本個人・医療情報管理協会(JAPHIC)が認証し、付与するマークです。

このように、情報の扱いについては非常に注意を払っており、出会い系サイトだからと心配する必要はないので安心して利用することができます。

「年齢確認」に個人情報は必要ない

Jメールでは、利用者の18歳以上であることを確認するために年齢確認が必要です。

この年齢確認の際には、身分証明書に記載されている

  • 生年月日または年齢
  • 書面の名称
  • 書面の発行者名

の情報を提供する必要があります。

ただし、「氏名」「住所」「顔写真」などの個人情報は必要ありません。

これらの情報を他の部分を隠して提示することで年齢確認ができますので、安心してください。

また、提供した情報は確認後には破棄されるため、安全です。

クレジットカードから個人情報は流出する?

登録時には個人情報は必要ないのですが、ポイント購入においてクレジットカードを利用する場合、心配になる人もいるかもしれません。

しかし、Jメールでは、クレジットカード決済においては、代行会社を介しています。

代行会社は、多くのネットショップやサービスで利用されている信頼性の高いものです。

出会い系といえば不安なイメージもあるかもしれませんが、代行会社を通じているため、セキュリティと安全性は十分に確保されています。

 

クレジットカードの利用明細には、「ONEDREAM〇〇」と記載されるので、Jメールを利用していることを他人にバレる可能性が低いです。

 

Jメールは、匿名での利用ができるため、プライバシーを守りつつ、安心して利用できるという利点があります。

 

Jメール(R18)公式サイト>>

 

Jメール 安全|業者・CBに騙される可能性はある?

業者の見極めは難しい?

Jメールという出会い系サイトには、悪質な業者が存在しています。

これらの業者は、援助交際を目的としたデリヘル業者や、利用者を詐欺サイトに誘導する悪質な出会い系業者、またLINEIDを収集する業者なです。

援デリ業者の場合は、その名の通り援助交際を装ったデリヘル業者です。

援デリ業者の女性は質が低く、プロフィール画像とは全く違う相手が来るなど、非常に悪質なものとなっています。

悪質な出会い系への誘導業者は、登録時に料金が発生する詐欺サイトへ誘導する可能性があります。

騙されてしまうと、高額な料金が請求されたり、援デリ業者に関わったり、危険な外国人と接触するなどのリスクがあります。

そのため、業者に引っかからないように注意が必要です。

しかし、幸いなことに、これらの業者は見分け方を知っていれば比較的簡単に見抜くことができます。

必要以上に心配する必要はありません。

業者は、出会い系サイトを悪用している迷惑な存在で、Jメール側が意図的に用意したものではないことを理解しておきましょう。

 

Jメールを利用する際に、プロフィールを非公開にしておくと、業者が足跡を辿って接触してくることを回避することができる裏技があります。

 

以下では、Jメールの業者を見分けるポイントについて説明していますので、これらの知識を身につけ、自己防衛することで危険な目に遭うことは避けることができます。

 

 

CB(キャッシュバッカー)には注意が必要

CB(キャッシュバッカー)とは、「ポイントを換金目的にしている女性」の略称であり、Jメールのような出会い系サイトを利用し、男性とメールなどをすることでポイントを貯め、換金することを目的としています。

Jメールでは、他の出会い系サイトと比べてポイントの換金率が高く、そのためCBも多く存在しています。

しかし、CBを見分けるのは難しいため、初心者の方は注意が必要です。

ただし、CBとメールをしても危険な目に遭うことはありません。

CBは、出会う気がないのにメールをしてくるだけの厄介な存在で、慎重に接する必要がありますが、危険な目に遭うことないので安心してください。

CBを見分けることができるようになれば、安全に出会い系サイトを利用することができます

 

 

Jメール 安全|サクラはいるの?業者は?

そもそもサクラとは?

「サクラ」とは、出会い系サイトを運営している会社が、男性ユーザーに課金させるための手段として、男性と会うつもりのないバイト女性のことです。

雇われユーザーのサクラ(女性)は、男性とメールなどでやり取りはしますが、会うつもりがないので、延々とメールが続くだけです。

 

サクラを雇うことは考えにくい

「サクラ」とは、出会い系サイトを運営している会社が、男性ユーザーに課金させるための手段として、男性と会うつもりのないバイト女性のことです。

雇われユーザーのサクラ(女性)は、男性とメールなどでやり取りはしますが、会うつもりがないので、延々とメールが続くだけです。

 

404 お探しのページが見つかりません | 既婚者でもセフレを作れる出会い系!おすすめサイト・アプリ

 

Jメール 安全|Jメールは安全に使えるブロック機能などはある?

「変な人」や「しつこい人」と出会ってしまった!という悩みが出てくることも考えられますが、Jメールはその点でも安心です。

例えば、Jメールでは「拒否設定機能」があります。

この機能を使えば、嫌な相手を登録して、以下のようなことを防ぐことができます。

1. プロフィールの閲覧ができない:登録した相手は、あなたのプロフィールを見ることができません。

2. プロフィール検索の非表示:登録した相手に、検索結果にあなたが表示されなくなります。

3. 掲示板の非表示:登録した相手は、あなたの掲示板の投稿やコメントを見ることができなくなります。

4. メールのブロック・削除:登録した相手からのメールを受け取らないようにすることができ、また過去のメールも削除することができます。

つまり、これらの設定をすることで、「自分の情報を見られず」「検索結果に表示されない」ということが実現できるのです。

さらに、問題行為や不正行為をしている相手を見つけた場合は、通報することも可能です。

通報すると、運営が確認を行い、相手に対して退会処分などの適切な処置を行ってくれます。

このような機能のおかげで、Jメールでは自衛することができ、安全に活動することができます。

 

Jメール 安全|違反ユーザーを通報すると利用停止にできる

Jメールでは、違法行為を行っている他のユーザーを報告することができます。

通報すると、運営会社がその内容を確認し、違法行為を確認することができれば、相手はアカウントを利用停止にされるか、退会処分を受けることになります。

また、違法行為以外にも、Jメールでは24時間にわたって監視活動が行われており、利用規約に違反しているユーザーを見つけると、即座にアカウントを利用停止にします。

このように、違反行為を行っているユーザーは、Jメールを利用することができなくなるので安心して出会いを募集することができます。

Jメール 安全|Jメールで料金を後から請求されることはある?

Jメールはポイントを事前に購入して、利用した機能の分だけポイントを消費するシステムになっています。

よって、利用料金はポイント購入時にのみ発生し、後から料金が請求されることはありません。

ですので、安心してご利用することができます。

 

 

Jメール 安全|Jメールは悪質出会い系や詐欺サイトではない?

Jメールは前述のように、安全性に重点を置いた取り組みを行っています。

Jメールは、一般的に出会い系サイトに対して不安を抱く人が恐れるような、「高額な料金の請求」や「個人情報の漏えいによる脅迫」といった悪質な出会い系サイトではありません。

実際にJメールの登録は無料ですし、無料登録をしたからと言って法外な利用料金が請求されたり、途方もない高額の料金設定されているわけではありません。

ポイントを購入しない限り、一切料金が発生しないので安心してください。

また、Jメールは20年以上も運営できているのは、悪質な出会い系サイトではなく、実際に出会えているという事実があるからです。

ただし、何度も言うようですがが、Jメールに悪質な業者がいることも事実です。

なので、Jメールを利用する際には、自己防衛は必要となってきます。

悪徳業者はJメールに限らず、他の出会い系サイトにも存在していますので、出会い系サイトを利用する場合には、自己防衛策を必ず講じましょう。

 

Jメール 安全|Jメールを安全に使うための注意点

LINEでの連絡先交換に注意

Jメールは、マッチングしなくても出会えるサイトです。

しかし、注意が必要なのはLINEでの連絡先交換です。

相手がすぐに連絡先交換を求めてくる場合、それは業者の可能性が高いです。

なので、なるべくJメール内で連絡先の交換を約束し、実際に会う直前にLINEのIDを交換する流れが安全です。

また、Jメールでは男性の料金がポイント制ですが、ポイントを節約したい理由でLINEのID交換を求めると、相手に警戒されてしまいます。

まずはメールのやりとりで相手と仲良くなってから、自然にLINEの交換を提案することが成功のコツです。

 

 

Jメール 安全|Jメールの運営会社は安全?

運営会社 有限会社エムアイシー総合企画
本社 福岡市中央区警固2丁目18-5
設立 2000年
会員登録 600万人以上
料金 男性1P=10円 女性無料

運営歴が長いから安心

Jメールは、現在はプロスゲイト株式会社が運営しています。

Jメールは、出会い系サイトの老舗であり、2000年から運営が行われてきました。

実に20年以上の長期間にわたって運営されている出会い系サイトです。

このように長い運営歴を持つJメールが悪質であるとされるなら、20年もの間、名前を変えずに運営し続けることは不可能です。

つまり、Jメールが長年にわたって運営されているということは、それだけ実績があり信頼性の高い出会い系サイトであると言えるのです。

 

インターネット異性紹事業認定で安全

Jメールは、「インターネット異性紹介事業」の政府認定を受けています。

以前の出会い系サイトでは、年齢確認などが不十分であり、未成年者が売春や犯罪に巻き込まれる事件が多発していました。

そこで、未成年者を保護するために、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」が制定されました。

現在の無料出会いアプリや悪質な出会い系サイトは、この法律を守っていません。

その結果、年齢確認もなく未成年が利用していたり、犯罪や詐欺行為が蔓延しています。

一方、Jメールではしっかりと年齢確認を実施しており、法律を遵守しているため、安心して利用できる安全な出会い系と言えます。

 

Jメール 安全|Jメールのサポートはしっかりしている?

Jメールでは、24時間365日のサポート・管理体制を提供しています。

メールでの問い合わせは夜間や休日を含めていつでも受け付けております。

一方、電話でのサポートは、午前9時から午後5時までの間となっているので注意してください。

また、Jメールでは、投稿されるコンテンツの内容を監視しています。

不適切な内容や公序良俗に反する投稿に対しては即座に削除されます。

さらに、不正行為の防止のためにも監視を行っています。

例えば、虚偽の情報や詐欺行為などの不正行為をしているユーザーに対しては、厳正に対処し対応し、利用者の安全を確保しています。

 

Jメール 安全|まとめ

実際に、Jメールを使っていますが、これまでに危険な目に遭ったり、迷惑な行為を受けたことはありません。

なので、出会い系サイトとしては安全だと実感しており、それほど心配する必要はないと思います。

ただ、Jメールに業者がいるのは事実なので、必要最低限の警戒心を持って利用することが重要です。

Jメールは安全なサイトですし、ライバルとなるアクティブな男性ユーザーが少ないと実感しています。

なので、他の出会い系サイトで「会えなかった!」という方は、Jメールを試してください。

 

Jメール(R18)公式サイト>>

 

さらに、Jメールを含めて2~3つのサイトを併用することをオススメします。

というのは、女性は男性とは違い、1つのサイトしか利用しない人がほとんどです。

つまり、2~3サイト利用すれば、それだけ多くの女性と出会える可能性が高くなります。

私は、5つのサイトに登録していますし、毎日、最低3つのサイトの掲示板に投稿しています。

 

掲示板での出会い方は、こちらの記事を参考にしてください。
出会い系のアダルト掲示板でセックス相手を募集する手順【出会い掲示板攻略法】

 

他にも出会い系サイトを利用しようと思っている方は、以下のランキングを参考にして、利用するサイトを選んでみてください。

 

『Jメール』は、安全性が確保されている運営体制が整っている出会い系アプリです。

しかし、運営側がどれだけ対策を講じても、一般の利用者の中には悪質な人物が紛れ込むことがあります。

この記事では、Jメールや他の出会い系アプリで実際に発生した詐欺の手口や、詐欺に遭わないための対策、もしもトラブルに遭遇した場合の対処法について詳しく解説します。

自身の安全を確保するために、詐欺に関する知識を身につけましょう。

これによって、詐欺を行う可能性がある人物を見分けることができるようになるはずです。

参考にして、自己防衛する方法を学んでください。

なお、この記事はアフィリエイトを含んでいますが、執筆者は公平かつ中立な立場で情報を提供しており、その影響は受けていません。

『Jメール』の特徴や運営会社などの詳細情報も掲載されています。

そのため、『Jメール』はサービス自体の安全性・信頼性が非常に高いことが確かです。

実際にJメールは、総務省 第二電気通信事業に届け出を行っており、認定を受けています。

具体的な届出番号はH-15-763です。

また、インターネット異性紹介事業においても届出・認定を受けており、届出番号は第90080006000号です。

さらに、AndroidユーザーはWeb版からも『Jメール』にアクセスすることができます。

『Jメール』を含む出会い系アプリでは、様々な詐欺行為が発生する可能性があります。

詐欺から被害を防ぐためには、まず、どのような詐欺が存在するのかを把握することが重要です。

以下には、出会い系アプリで報告された詐欺の一部を紹介しますが、これらの詐欺は『Jメール』だけでなく、他の出会い系アプリでも起こり得るものです。

・国際ロマンス詐欺 この詐欺では、海外在住の人を装い、メッセージを通じて金銭の支払いを要求したり、投資詐欺を仕掛けたりします。

一般的には、インターネット上で疑似的な恋愛関係を築いた後に、金品を要求されるケースが多いです。

被害者が反応しないと詐欺師は別れ話を持ち出し、被害者がお金を支払う場合もあります。

・援デリ詐欺 援デリとは、違法な状態で運営されている援助交際の一種です。

詐欺師は、出会って身体の関係をもった後に、法外な料金を請求します。

アプリ内でデートの約束をすると、実際に女性が待ち合わせ場所に現れることもあるため、被害者はだまされていると気づきにくい場合もあります。

金銭を渡して身体の関係を持ってしまった場合は、被害者側でも摘発のリスクがあることに注意が必要です。

このようなケースでは、警察や関係機関によって売春行為とみなされ、逮捕や罰則の対象になる可能性があります。

投資詐欺は、待ち合わせ場所に行くと投資セミナーなどに勧誘され、最終的には詐欺に巻き込まれる手口です。

最近では仮想通貨の運用をもちかけるなど、手口はますます多様化しています。

待ち合わせたはずの女性ではなく、見知らぬ男性が現れて勧誘されることもあります。

美人局は、男性の弱みを握り、身体の関係の前後に金品を脅し取ろうとする存在です。

彼女らと楽しい時間を過ごしていると思っていると、急に別の男性が現れて脅迫し、「人の女に手を出した」と言いがかりをつける典型的な手法です。

また、妊娠を偽って中絶費用や慰謝料を要求するなど、手口は多様化しています。

男性が被害者となることが多いため、美人局は「ハニートラップ」とも呼ばれています。

パパ活詐欺は、奨学金返済や夢の実現のために資金が必要だという言葉巧みな誘いに乗せられ、次第に要求がエスカレートし、多額の現金をだまし取られる詐欺です。

実際には、お金が違う目的に使われていることもあります。

被害者の中には数千万円以上の被害額を出す人もおり、容疑者が逮捕される事例もあります。

キャッシュバッカー詐欺は、Jメールを含む出会い系アプリでよく見られる手法です。

この詐欺では、女性会員を増やすために、メールの受信数などに応じてポイントバックが行われています。

しかし、キャッシュバッカーと呼ばれる人々は、より多くのポイントを得るために、男性と頻繁にメッセージを交換しようとします。

彼らは実際には出会いの目的ではなく、単にポイントを稼ぐために行動しています。

キャッシュバッカーは、ポイントを得ることを目的として活動しているため、実際に会うことはありません。

例えば、メールで何度もやり取りをしても、具体的な日時の決定がないまま長々と会話が続き、結果としてポイントが無駄に消費されることがあります。

⑦プロフィール詐欺(なりすまし)とは、相手をだますために、プロフィールの写真や経歴に嘘をつく詐欺です。

容姿が魅力的な男女の写真を使用し、相手を引きつけたり、高額な料金を請求する他のサイトに誘導したりすることがあります。

また、顔写真だけでなく、学歴や職歴、年収などについても嘘をついている場合もあります。

魅力的すぎると感じた場合は、プロフィール詐欺ではないかと疑うことが重要です。

⑧個人情報回収詐欺とは、アプリ内でのやりとりを通じて、相手の個人情報を抜き取り、架空の請求やサイトへの勧誘を目的として悪用する詐欺のことを指します。

詐欺を行おうとする人は、無駄なやり取りを省くために、メッセージの交換が始まったばかりの段階で、メールアドレスやLINE IDなどを聞き出そうとします。

相手の身元を知る前に自分の情報を教えることは避けましょう。

⑨会う会う詐欺は、メッセージのやり取り中にデートを提案するなど、「会う」と言ったり、「会いたい」と言ったりするが、具体的なデートの提案に応じてくれない詐欺のことです。

キャッシュバッカーにも使用される手口の一つですが、ただ冷やかしのために会う会う詐欺を行う人もいます。

メッセージが続いているのに具体的な約束に進めない場合は、相手を疑ってみることも検討してください。

⑨デートを約束すると言われながらも、具体的な日時や場所を提案すると応じてもらえないという詐欺手口があります。

メッセージのやり取りが続いているのにも関わらず、デートの話を進展させることができない場合は、相手の真意を疑うべきです。

この手口は、先に紹介したキャッシュバッカーと同じ手法を用いることもありますが、ただ単に冷やかしや悪意を持った目的でデートを約束する詐欺も存在します。

⑩待ち合わせ場所に行くと、相手から「交通費を支払ってほしい」と要求される詐欺があります。

実際には数百円程度の電車賃であるにもかかわらず、相手はタクシーに乗って来たと嘘をついて高額な費用を請求しようとします。

なお、マッチングアプリ利用者の内、デートが実現できた割合は男性39%、女性44%です。

マッチングアプリの知識がない場合、男性はマッチング自体が難しいし、女性は危険な相手やヤリモクに遭遇する可能性があります。

現在、「30日間デート保証」というキャンペーンを実施しており、専門家による無料サポートが提供されています。

理想の相手と出会うために、ぜひこのサポートを利用してみてください。

キャンペーン登録はこちらから行えます。

専門家からのアドバイスでは、LINE上であなた専用のプロフィール作成やアドバイスが提供されます。

Jメールにも、上記で述べたような詐欺行為を行おうとする悪質な会員が紛れ込んでいる可能性があります。

しかし、自身が対策をしっかりと行っていれば詐欺を未然に防ぐことができます。

詐欺を防ぐための4つの方法については、『Jメール』内で解説されています。

⑩交通費要求詐欺とは、待ち合わせ場所に行くと、相手から「私に交通費を支払ってほしい」と要求される詐欺のことです。

この詐欺の特徴は、相手がタクシーに乗ってきたと嘘をついて高額な費用を請求しようとすることです。

たとえ電車賃が数百円程度の距離でも、相手はタクシーに乗ってきたと主張し、高額な交通費を請求します。

ちなみに、マッチングアプリ利用者の中で、男性の約39%、女性の約44%が1ヶ月以内にデートを成功させています。

マッチングアプリを利用することで、理想の相手との出会いを求めることができますが、マッチングアプリに関する知識がないと、男性はマッチング自体が難しくなり、女性は危険な目に遭うリスクがあります。

そこで、現在、マッチングの専門家による30日間の無料サポート『30日間デート保証』キャンペーンが行われています。

ぜひこのキャンペーンを利用して、理想の相手と出会うためのサポートを受けてみましょう。

専門家からはLINEであなた専用のプロフィール作成やさまざまなアドバイスが提供されます。

キャンペーンの登録はこちらから行えます。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

また、Jメール内では詐欺を防ぐための4つの方法を解説しています。

Jメールには悪質な会員も紛れ込んでいる可能性がありますが、しっかりと対策を取ることで詐欺を未然に防ぐことができます。

以下に4つの方法を順番に解説します。

①アダルト掲示板を利用しない:悪質な利用者は主にアダルト掲示板に集まる傾向があります。

そのため、身体の関係を匂わせる書き込みや過激な画像などが投稿されやすいです。

ですので、アダルト掲示板の利用は避けるべきです。

②モデルのようなプロフィール写真の女性は避ける:特に魅力的なルックスを持つ女性は、詐欺師によく利用されます。

そのため、プロフィール写真がモデルのように見える女性には注意が必要です。

実際に会って確認するか、他の写真を公開している女性を選ぶべきです。

③1通目からアドレスを聞いてくる女性は無視する:詐欺師は、早々に相手の個人情報を聞くことで詐欺を行おうとします。

そのため、最初のメッセージで相手がアドレスを聞いてくる場合は注意が必要です。

これらの相手は信頼できない可能性が高いため、無視することが重要です。

④『Jメール』以外の外部サイトを案内されても無視する:詐欺師はしばしば『Jメール』以外の外部サイトに誘導し、詐欺行為を行おうとします。

そのため、相手が他のサイトへの案内をしてくる場合は無視するべきです。

『Jメール』内でのやり取りを続けることに集中しましょう。

以上が、Jメール内で詐欺行為を防ぐための4つの方法です。

これらを守ることで、詐欺には巻き込まれずに済むでしょう。

『Jメール』内で詐欺を防ぐための4つの方法 1. アダルトコンテンツを避ける アダルトコンテンツの掲示板には、詐欺を狙う悪徳利用者が集まる傾向があります。

このような掲示板では、身体関係について匂わせる書き込みや過激な画像が投稿されることが多く、注意が必要です。

Jメールにはアダルトな投稿が禁止されている「ピュア掲示板」や「誘い飯掲示板」がありますので、そちらを利用することをおすすめします。

2. モデルのような写真の女性には注意する プロフィール写真がモデルのような美しい女性や、過剰に美化された写真を使っている女性には注意が必要です。

詐欺を企む者にとっては、美しい女性の写真を使用することで、多くの男性を引き付けることが容易になります。

詐欺目的で『Jメール』を利用する人々が、別人を装って活動しているケースも多いため、注意が必要です。

3. 1通目でアドレスを尋ねられる相手には無視する 1通目のメールで相手からSNSアカウントやメールアドレスを尋ねられる場合は、注意が必要です。

まだお互いをよく知らないうちに、急に会おうとする相手は危険な可能性があります。

このような相手は実際に会おうという意図は持っておらず、詐欺を企んで近づいてくる可能性が高いです。

4. 『Jメール』以外の外部サイトへの誘導には応じない 相手から「他のサイトで連絡を取りたい」といった提案があった場合も、注意が必要です。

他のサイトに移動してメールのやりとりをすると、法外な利用料金を請求される可能性があります。

『Jメール』のサイト内でのやりとりに留めることをおすすめします。

以上の方法を守ることで、『Jメール』内での詐欺被害を防ぐことができます。

注意深く行動し、安全な出会いを求めましょう。

Jメールでは、アダルト掲示板に関しては禁止事項とされており、アダルトな投稿は許可されていません。

そのため、業者がアダルトな投稿で男性の興味を引こうとすることはほとんどありません。

Jメールを利用する際には、アダルト掲示板の利用は避けましょう。

また、プロフィール写真や容姿に関しても注意が必要です。

モデルのようなプロフィールの女性や美しさに異常に気を使っている女性は、詐欺を働くために別人になりすましてJメールを利用している可能性があります。

美女の写真を使うことで、詐欺を行う側は多くの男性を引き付けることができるため注意が必要です。

こういった人には近づかないようにしましょう。

さらに、最初のメールの段階で相手からSNSのアカウントやメールアドレスを聞かれる場合も注意が必要です。

まだお互いを十分に知らない状態で、急に会おうとする人は危険な可能性があります。

実際に会おうとするのではなく、詐欺を働くために近づいてきている可能性があります。

このような相手には注意を払いましょう。

また、「Jメール」以外の外部サイトへの誘導も注意が必要です。

相手から他のサイトでのやりとりを提案された場合も、無視することが重要です。

他のサイトに移動してメールのやりとりをすると、法外な利用料金が請求されるおそれがあります。

また、フィッシングサイトのURLを貼りつけてくる業者も存在するため、見知らぬリンクはクリックしないように注意しましょう。

以上が「Jメール」を利用して実際にデートする際に詐欺から身を守るための注意事項です。

デートが実現したとしても、怪しい言動をする相手には警戒心を持ちましょう。

安全な出会いを求めるために、これらのポイントを押さえることが重要です。

フィッシングサイトのURLを送ってくる業者もいますので、見知らぬリンクはクリックしないように注意しましょう。

『Jメール』で実際にデートする場合、詐欺から身を守る方法をご紹介します。

『Jメール』で詐欺から身を守るための対策 積極的すぎる女性は避けましょう。

異常なほど積極的に誘ってくる女性には注意が必要です。

例えば、「ホテルに行きましょう」や「家に遊びに来てください」といった誘い方をされる場合は要注意です。

ホテルに行くと見知らぬ男性が待ち構えていて脅されたり、自宅や個人情報を収集するための罠かもしれません。

個人情報を過剰に話さないようにしましょう。

初対面の相手に自分の名刺を渡すという行動は危険です。

特に相手から「名刺が欲しい」「本名は何ですか?」、「自宅はどこですか?」といった質問や要求がある場合は注意が必要です。

相手が個人情報を収集して詐欺や脅迫に利用しようとしている可能性があります。

「初回だけ〇万円」という言葉に引っかからないようにしましょう。

「初回だけ」とか「最初だけ」といった言葉は、身体の関係を示唆している詐欺師がよく使用する言葉です。

たとえば、「最初だけ5万円いただければいいです」と言われた場合は、初回の身体の関係を持つ時にだけ、5万円のお金が必要だという意味です。

相手は、「2回目からは無料でOKです」「信頼を築くために少額の保証金を預かっていただければ」といった巧妙な言葉を使って、金銭を要求してくることが多いようです。

しかし、実際に要求された金額を支払ってしまうと、相手からの連絡が途絶えたり、お金を奪われたまま再び会うことができなくなる恐れがあります。

また、待ち合わせ場所に行くと、宗教やネットワークビジネスの勧誘が始まることもあります。

女性自身が勧誘する場合もあれば、見知らぬ男性が勝手に同席して、脅迫的に勧誘する場合もあるので、警戒が必要です。

相手は、「絶対に儲かる」といったセールストークをしてくることもありますが、そういった話には乗らないようにしましょう。

そもそも嘘をついて勧誘してくる相手は信頼できない存在です。

万が一の場合に備えて、初回のデートは公共の場所で行うようにしましょう。

安全な場所からすぐに逃げ出せるようにしておくことが重要です。

また、被害を最小限に抑えるために、デートの際にはできるだけ少額の現金しか持っていかないようにしましょう。

美人局などの犯罪行為の場合、暴力をふるって金品を奪おうとしてくることがあります。

それから、デートの場所を女性が指定してくる場合も注意が必要です。

評判の良いお店で食事をすると言うのであれば問題ありませんが、信用できない場所に行くことは避けましょう。

もし連れ込まれた先がぼったくりバーだった場合、数百万円ものお金を求められる可能性があります。

『Jメール』で詐欺から身を守るための対策として、以下のポイントに気を付けましょう。

1. 積極的すぎる女性は避ける:「ホテルに行こう」「家へ遊びに行きたい」といった積極的な誘い方をする女性には要注意です。

彼女たちは見知らぬ男性が待ち構えていて脅されたり、自宅や本名などの個人情報を収集しようとしているかもしれません。

2. 個人情報を話しすぎない:はじめて会った人に名刺を渡すなど、個人情報を提供する行為は危険です。

相手から「名刺が欲しい」「本名はなんていうの?」「家はどこにあるの?」といった要求や質問があった場合は警戒しましょう。

相手が詐欺や脅迫に利用する可能性があります。

3. 「初回だけ〇万円」という言葉に釣られない:「初回だけ」「最初だけ」といった言葉は、詐欺師が頻繁に利用する手法です。

たとえば「初回だけ5万円」と言われた場合、それは「最初に会って身体の関係を結ぶ際だけ5万円が欲しい」という意味です。

詐欺師は、「2回目からは無料でいい」と言ったり、「信頼するために補償金として預けて欲しい」と言ったりすることがあります。

しかし、実際に要求された金額を支払うと、その後の連絡が途絶えてしまい、お金を奪われたまま連絡も取れなくなってしまいます。

4. 宗教・ネットワークビジネスの勧誘に乗らない:相手から宗教やネットワークビジネスへの参加を勧められた場合も要注意です。

これは詐欺の手口の一つで、自分の信念やお金を奪われる可能性があります。

5. 必要最小限の現金を持って会う:デートの際には必要最小限の現金を持っていくようにしましょう。

大金を持ち歩くことで被害に遭うリスクが高まります。

6. 女性の指定するお店へは行かない:相手が指定したお店に行くよりも、自分が知っていて安全な場所を選ぶようにしましょう。

7. 相手より早く待ち合わせ場所に着いておく:詐欺師は実際に会ってもなお一般人を装ってだまそうとします。

相手よりも早く待ち合わせ場所に到着し、周囲を確認する時間を持ちましょう。

兆候が見えた場合はデートを中止して帰る勇気も必要です。

以上が『Jメール』で詐欺から身を守るための対策です。

これらのポイントに注意して、安全に楽しい出会いを果たしましょう。

宗教やネットワークビジネスの勧誘に関しては、待ち合わせ場所に出かけてから喫茶店やレストランに移動すると、勧誘が始まる場合があります。

女性自身が勧誘してくることもあれば、知らない男性が強引に同席し、脅すように勧誘してくることもあります。

このような場合には注意が必要です。

特に「必ず儲かる」といった話をする人には注意しましょう。

そもそも、嘘をついて勧誘する人物は信頼できません。

もしもの場合に備えて、初回のデートはオープンな場所で行いましょう。

また、安全のために現金は必要最小限にし、高額の財布やブランド品、高級時計などは持ち歩かないようにしましょう。

また、女性がデートの場所を指定してくる場合も注意が必要です。

評判の良いお店であれば問題ありませんが、よく知らない場所に連れて行かれることは避けましょう。

もしも連れ込まれた場所がぼったくりバーなどであれば、数百万円も請求される可能性があります。

また、女性がデート中に頻繁にスマホを見ている場合には、ぼったくりや美人局の詐欺に巻き込まれる可能性があるため、注意が必要です。

デートの途中での状況や移動先について、友人と共有することも検討してください。

相手が脅すための準備をしている可能性もあるため、自己防衛のために先手を打つことが重要です。

最後に、デートの段取りが決まったとしても、まだ相手が素人であるという確信が持てない場合には、相手よりも早く待ち合わせ場所に到着しておくことをおすすめします。

これにより、相手が到着する前に周囲の状況を確認することができます。

デート中に女性が頻繁にスマホを見ている場合、ぼったくりや美人局などの詐欺をたくらんでいる可能性があります。

その女性は、現在の状況やこれからの行動予定を仲間内に共有し、脅しをかけるための準備をしているかもしれません。

もし相手がまだ素性が分からない素人であると確信が持てない場合、デートの段取りになる前に相手よりも早く待ち合わせ場所に到着することをおすすめします。

援デリの業者や、マルチ商法の勧誘をする人の場合、実際の現場にはJメールで会話をしていた相手とは全く別の人が現れることがあるからです。

少し離れた場所から待ち合わせ場所をチェックし、Jメールで見たプロフィール写真の人物と全く別の人が現れた場合は、そのまま約束をキャンセルして帰宅しても構いません。

しかし、これらの対策を講じてもJメールでの詐欺には完全には防げない可能性もあります。

万が一被害にあった場合は、以下の4つの窓口に相談することをおすすめします。

1. Jメールの運営会社に相談すること:まず最初に、詐欺行為を行った相手のIDなどの情報をJメールの運営会社に提供しましょう。

事実を確認した後、適切な対策が取られるでしょう。

また、詐欺師とのやり取りの証拠としてスクリーンショットを保存しておくことも重要です。

警察や弁護士に相談する際に役立つ証拠となる場合もあるからです。

2. 最寄りの警察署や交番、相談窓口に相談すること:被害に遭った際は、まず最寄りの警察署や交番に相談しましょう。

詳細な状況や証拠を伝え、事件としての報告を行います。

警察の指示に従い、必要な手続きを進めましょう。

3. 消費者生活センターに相談すること:消費者生活センターでは、詐欺被害にあった場合のアドバイスやサポートを受けることができます。

被害の内容や状況を詳しく説明し、相談を行いましょう。

4. 弁護士事務所に相談すること:最後に、詐欺被害に遭った場合は弁護士事務所に相談することも検討してください。

弁護士は法的なアドバイスを提供し、裁判や法的手続きについてのサポートを行ってくれます。

以上が、Jメールで詐欺被害に遭った場合に相談するべき窓口です。

適切な対応をすることで、被害を最小限に抑えることができるでしょう。

援デリなどの業者やマルチ商法の勧誘を行う人たちに対して、Jメールで会話をしている相手とは全く別の人が現れる場合があります。

もし待ち合わせ場所に行って、『Jメール』で見た相手のプロフィール写真とは明らかに違う人物が現れた場合は、約束を取り消して帰宅しても構いません。

このような事態になった場合、『Jメール』で詐欺に遭ってしまった場合に相談できる窓口があります。

しかし、これまでに紹介した対策をとっていたとしても、Jメールで詐欺に遭うリスクは完全にゼロではありません。

もしも被害に遭った場合は、以下の4つの窓口に相談してください。

1. 『Jメール』の運営:詐欺行為を行った人のIDなどの情報を『Jメール』の運営に提供しましょう。

運営側は事実確認を行った後、会員資格の剥奪などの対策を取ります。

また、詐欺師とのやりとりはスクリーンショットして保存しておきましょう。

警察や弁護士に相談する際に、重要な証拠として利用されることもあります。

2. 最寄りの警察署・交番・相談窓口:明らかな犯罪行為に遭った場合は、最寄りの警察署や交番、相談窓口へ相談しましょう。

金銭を奪われたり、脅迫や暴力を受けている場合は、迅速に捜査が行われるでしょう。

3. 消費者生活センター:Jメールを利用している中で、思わぬ消費者トラブルに遭った場合は、消費者生活センターに相談して対処方法を相談しましょう。

4. 弁護士事務所:金銭的なだましや脅迫を受けた場合には、弁護士事務所への相談も検討してみてください。

いずれの場合でも、被害者としてできるだけ早く行動することが重要です。

早めに適切な窓口に相談し、詳細な状況を伝えることで、被害の解決や犯罪者の摘発につながる可能性が高くなります。

Jメールのサポートセンターに連絡する方法は、公式サイトで確認することができます。

もし明らかな犯罪行為に巻き込まれた場合は、最寄りの警察署や交番、相談窓口に相談しましょう。

金品を奪われたり、脅迫や暴力を受けたりしている場合は、迅速に捜査が行われます。

また、Jメールを利用していて消費者トラブルに巻き込まれた場合は、消費者生活センターに相談することをおすすめします。

金銭的な詐欺や脅迫を受けている場合には、弁護士事務所に相談することも考えてみてください。

交渉の専門家が代理人となり、示談交渉を行い解決策を見つけることができる可能性があります。

民事訴訟を起こすことで、だまされたお金を全額または一部取り戻すこともできるでしょう。

編集部の調査によると、出会い系アプリを利用して実際に出会えた人の76.88%が複数のアプリを使用していたことがわかりました。

さらに、3つのアプリを同時に利用している人は、2人以上とのデートの確率が14.4%も高いという結果が出ました。

マッチングアプリの利用に関するインターネット調査では、マッチングアプリで恋人ができた方494人を対象にアンケートを実施しました。

複数のアプリを同時に使うことにより、出会いのチャンスが増えるというメリットがあります。

交渉のプロが代理人として示談を提案し、解決方法を見つけることができる可能性があります。

裁判などの法的手続きを経ることによって、だまされた金額の全額または一部を取り戻すことができるかもしれません。

出会い系アプリ3つのおすすめ 当編集部の調査結果によると、出会い系アプリを使用して実際に出会った人の76.88%が複数のアプリを同時に利用していることがわかりました。

さらに、3つのアプリを同時に使う人は、2人以上とのデートの確率が14.4%も高い結果となりました!▼マッチングアプリ利用に関するインターネット調査結果マッチングアプリ利用に関するインターネット調査結果※マッチングアプリで恋人ができた方494名を対象にアンケートを実施。

調査内容の詳細はこちら:マッチングアプリで恋人ができた人の約8割が「複数利用」、同時併用で出会いのチャンスが増加褤パイアプリを同時に使用することには以下のメリットがあります。

・出会いの機会が増え、マッチング率が上がる ・利用者の幅が広がるため、理想の相手を見つけやすい ・やり取りの機会が増えるため、攻略方法を見つけやすい「出会い系アプリを使って出会いを求めている」という方は、複数のアプリを同時に利用してみてください!ここからは、同時に登録すべきおすすめの出会い系アプリ3つをご紹介します。

「ハッピーメール」 アプリ名:ハッピーメール 料金:男性 61ポイント/610円~ 女性:無料 年齢層:20~50代 累計会員数:3,000万人 目標:遊び、友達探し 特徴:近くの「すぐ会える」人と出会える 運営会社:株式会社アイベック スクロールできます ※月額料金はAppleID決済を基準に掲載されており、決済方法やプラン、為替や値上げの影響によって変動する場合があります。

このアプリのおすすめポイントは、「デート目的」の男女が多数利用していることです。

・出会いの機会が増えるため、相手とのマッチングが高まる ・さまざまな人と出会えるため、自分の理想の相手が見つけやすくなる ・コミュニケーションの機会が増えるため、出会い方を学びやすくなる 「出会い系アプリを使うなら、絶対に出会いたいと思っている方は、複数のアプリを同時に利用してみましょう!以下では、同時に登録することがおすすめの出会い系アプリ3つをご紹介します。

「ハッピーメール」 アプリの名前: ハッピーメール 料金: 男性 61P/610円~、女性 無料 利用できる年齢層: 20~50代 累計会員数: 3,000万人 目的: 遊びや友達探し 特徴: 近くの「すぐ会える」人と出会える 運営会社: 株式会社アイベック スクロールできます ※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。

また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

このアプリのおすすめポイント 多くの男女が「デート目的」で利用しているため、気軽に出会いやすいアプリです 累計会員数が3,000万人あるため、たくさんの出会いの機会があります メッセージ1通50円、プロフィール閲覧0円など、料金が非常に安いです 「ハッピーメール」に関する詳しい記事はこちらからご覧ください。

「Tinder(ティンダー)」 Tinder 公式 アプリの名前: Tinder 料金: 男性 無料、女性 無料 利用できる年齢層: 10〜20代 累計会員数: 非公開(全世界で5億3000万以上のダウンロード数) 目的: 恋愛やデート 特徴: 完全無料で出会える 運営会社: MG Japan Services 合同会社 スクロールできます ※月額料金はAppleID決済を基準に掲載しております。

また、決済方法やプラン、また為替や値上げ等の影響によって変動する場合もあります。

ぴったりな出会いを求めるなら、出会いやすいアプリがあります。

例えば、「ハッピーメール」というアプリは、累計会員数が3,000万人もいる国内最大級のアプリで、出会いの機会が豊富です。

さらに、メール1通あたり50円という料金体系もトップクラスに安く、プロフィール閲覧は無料となっています。

一方、「Tinder(ティンダー)」というアプリもあります。

このアプリは、10〜20代の年齢層を対象に、恋愛やデートを目的として利用されています。

特徴としては、完全無料で出会いが可能であり、会員数は非公開ですが、全世界で累計5億3000万人以上のダウンロードされています。

また、共通の趣味を持つ相手を気軽に探すことができるため、海外の人とも繋がりやすく、旅先での出会いも期待できます。

また、「PCMAX(ピーシーマックス)」というアプリもあります。

こちらは20〜40代の年齢層を対象に、遊びや友達探しを目的として利用されています。

積極的な女性が多く登録しており、累計会員数は2,000万人以上です。

月額料金は男性が65ポイント/610円〜となっていますが、女性は無料で利用できます。

さらに、セキュリティも充実しており、身バレ防止機能や24時間監視体制などがあります。

以上が、気軽に出会いが探せるアプリの特徴です。

是非、自分に合ったアプリを選んで、理想の出会いを見つけてください。

真剣な恋愛を始めるために、Jメールの安全対策についての記事を読んでください。

この記事では、PCMAXというサービスに関する情報も紹介されています。

詐欺に対する知識を身につけた後にJメールを利用すると、真剣な出会いを求めているパートナーとそうでないパートナーを区別することが容易になります。

素敵な出会いを見つけるために、ぜひこの記事で紹介されている内容を参考にしてJメールを利用してください。

また、Androidユーザーの方はWeb版のJメールにアクセスすることができます。

是非、こちらの記事もおすすめです。

このアプリの魅力的な点は以下の通りです。

1. 登録から出会いまでを「無料」で利用できます。

男女問わず、料金がかからずに利用できます。

2. 共通の趣味を持った相手を気軽に探すことができます。

あなたの趣味や興味に合う相手との出会いを楽しめます。

3. 海外の人とも繋がりやすく、旅先での出会いも期待できます。

国境を越えた異文化交流や国際的な経験もできます。

また、おすすめの関連記事として、「Tinder(ティンダー)」に関する記事もありますので、ぜひご覧ください。

次にご紹介するのは、「PCMAX(ピーシーマックス)」というアプリです。

– アプリ名: PCMAX – 料金: 男性は65P/610円〜、女性は無料 – 年齢層: 20〜40代 – 累計会員数: 2,000万人以上 – 目的: 遊びや友達探し – 特徴: 積極的な女性が多い – 運営会社: 株式会社 マックス これらの情報を参考に、PCMAXを利用してみてください。

スクロールできますので、詳細な情報もご確認いただけます。

※月額料金はAppleID決済の1ヶ月プランであり、決済方法やプラン、さらに為替や値上げなどの影響によって料金が変動することがあります。

次にご紹介するのは、累計会員数1,900万人を誇り、良縁報告も多い恋活・婚活のマッチングアプリです。

– 安全対策が充実しており、身バレ防止機能や24時間監視体制などがあります。

– 累計マッチング数は9,000組以上です。

本気で真剣な交際を始めるために、20歳から利用することができます。

「PCMAX(ピーシーマックス)」に関連する記事もありますので、ぜひご覧ください。

さらに、詐欺に対する知識を身につけてから「Jメール」を利用することで、真剣に出会いを求めている相手とそれ以外の相手を見極めることができます。

出会いを見つけるためには、この記事で紹介した内容を押さえて「Jメール」を利用してみてください。

なお、Androidユーザーの場合はWeb版からもアクセスできますので、そちらも利用してみてください。

他にもおすすめ記事がありますので、ぜひご覧ください。